2018年06月24日

2018年6月24日の礼拝

礼拝説教「蒔く人に種を与える方」、コリントの信徒への手紙二 9章6〜15節、辻川篤牧師。讃美歌21、234a、73。交読詩編33編4〜11節。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| お知らせ

2018年06月18日

説教 『新たに造りかえられる』

2018年6月17日の礼拝
相模原教会協力牧師 西田恵一郎
テトスへの手紙3章1〜11節
人々に、次のことを思い起こさせなさい。支配者や権威者に服し、これに従い、すべての善い業を行う用意がなければならないこと、また、だれをもそしらず、争いを好まず、寛容で、すべての人に心から優しく接しなければならないことを。わたしたち自身もかつては、無分別で、不従順で、道に迷い、種々の情欲と快楽のとりことなり、悪意とねたみを抱いて暮らし、忌み嫌われ、憎み合っていたのです。しかし、わたしたちの救い主である神の慈しみと、人間に対する愛とが現れたときに、神は、わたしたちが行った義の業によってではなく、御自分の憐れみによって、わたしたちを救ってくださいました。この救いは、聖霊によって新しく生まれさせ、新たに造りかえる洗いを通して実現したのです。神は、わたしたちの救い主イエス・キリストを通して、この聖霊をわたしたちに豊かに注いでくださいました。こうしてわたしたちは、キリストの恵みによって義とされ、希望どおり永遠の命を受け継ぐ者とされたのです。この言葉は真実です。あなたがこれらのことを力強く主張するように、わたしは望みます。そうすれば、神を信じるようになった人々が、良い行いに励もうと心がけるようになります。これらは良いことであり、人々に有益です。愚かな議論、系図の詮索、争い、律法についての論議を避けなさい。それは無益で、むなしいものだからです。分裂を引き起こす人には一、二度訓戒し、従わなければ、かかわりを持たないようにしなさい。あなたも知っているとおり、このような人は心がすっかりゆがんでいて、自ら悪いと知りつつ罪を犯しているのです。


 「次のことを思い起こさせなさい」(一節)とパウロはテトスに勧めます。その内容は倫理的に正しい事柄です。「Cで始まる民族は最悪」と言われていた民族の一つであるクレタ人を牧会するテトスには「彼らに何を言っても無駄、どうせ聞かない…」という諦めや決めつけの気持ちが無かったとも限りません。しかし、「わたしたちもかつては」(二節)と諭すようにパウロは続けます。「かつては」と「今は」を対比する説教は初代教会に多く見られます(ロマ六章一七〜一八節、Tコリ六章九〜一一節、エフェ二章二節、コロ三章七〜八節、Tテモ一章一三〜一七節、Tペト一章十四〜十六節)。パウロは一般的な意味での「わたしたち」と言っていますが、「罪人のかしら」(Tテモ一章十五節)と告白した自分自身のことを思っていたかもしれません。「我をも救いし奇しき恵み」(賛美歌第二編一六七番)はパウロの、またジョン・ニュートン――この讃美歌の作詞者――の、そして私たちの経験でもあります。「救い」とは「癒す」に由来し、「解放する、自由にする」という原意があります。人間を捕えて幸福を妨げているものから解放して、健康・自由・真実の幸福を与える。そして、罪と死から解放して霊魂の不死や死からの復活を主張する。それが、当時も、またその後にも存在する「救済宗教」の特徴です。多くの場合、その「救世主」は軍事的・政治的英雄でした。しかし、唯一・真の救い主イエス・キリストは「苦難の僕」としての救世主でした。人の苦しみ・痛み・病を代わりに負い、死なれた。しかし、死から蘇り、死を滅ぼし、永遠の命(神と共にあり、活き活きとした、目的をもって生きる、新しい価値観に生きる命)へと私たちを「新しく生まれさせた」(五節)。そのお方が私たちの救い主・主イエス・キリストです。「見るべき面影はなく、輝かしい風格も、好ましい容姿もない」(イザヤ書五三章二節)救い主。パウロが宣言する通り「この言葉は真実」(八節)なのです。故に私たちは「これらのことを力強く主張」(八節)し続けるのです。聖霊によって造りかえらた者には、言葉と共に善い行いも結果として付いて来るのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 09:37| お知らせ

2018年06月17日

相模原教会創立70周年特別賛美礼拝と記念コンサートのご案内

相模原教会創立70周年を記念して、
特別記念礼拝と記念コンサートが、
グレゴリーバンドの方々をお迎えして、
下記の日程にて行われます。

ぜひ、どなたでもお越しください。
事前の申し込みなどは必要ありません。

2018年06月17日(日)午前10時30分〜11時35分
 相模原教会創立70周年特別賛美礼拝
2018年06月17日(日)午前11時40分〜12時30分
 相模原教会創立70周年記念コンサート
  ※礼拝より引き続きコンサートへご参加ください。

70s_concert.jpg

posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| お知らせ

2018年06月16日

2018年6月17日の礼拝

この日は、教会創立70周年(1948年7月12日創立)記念行事の一環として、賛美礼拝と記念コンサートが行われます。(コンサートの詳しい案内は、上記をご覧ください。どなたでもご出席ください)

礼拝説教「新たに造りかえられる」、テトスへの手紙3章1〜11節、西田恵一郎牧師(和泉短期大学チャプレン)。讃美歌217、賛美〈指〉明治学院OBグレゴリーバンド、344。交読詩編107編17〜22節。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| お知らせ

2018年06月10日

2018年6月10日の礼拝

礼拝説教「空き家になっている」、マタイによる福音書12章43〜45節、辻川篤牧師。讃美歌67、461、124。交読詩編32編1〜7節。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| お知らせ

2018年06月03日

2018年6月3日の礼拝

礼拝説教「ぜひあなたの家に泊まりたい」、ルカによる福音書19章1〜10節、藤森誠神学生(東京神学大学学部4年)。讃美歌20、365、249。交読詩編69編17〜22節。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| お知らせ