2019年09月15日

説教 『生きるために死ぬ』

2019年9月15日の礼拝
相模原教会協力牧師 西田恵一郎
ガラテヤの信徒への手紙2章15〜21節
わたしたちは生まれながらのユダヤ人であって、異邦人のような罪人ではありません。けれども、人は律法の実行ではなく、ただイエス・キリストへの信仰によって義とされると知って、わたしたちもキリスト・イエスを信じました。これは、律法の実行ではなく、キリストへの信仰によって義としていただくためでした。なぜなら、律法の実行によっては、だれ一人として義とされないからです。もしわたしたちが、キリストによって義とされるように努めながら、自分自身も罪人であるなら、キリストは罪に仕える者ということになるのでしょうか。決してそうではない。もし自分で打ち壊したものを再び建てるとすれば、わたしは自分が違犯者であると証明することになります。わたしは神に対して生きるために、律法に対しては律法によって死んだのです。わたしは、キリストと共に十字架につけられています。生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。わたしが今、肉において生きているのは、わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神の子に対する信仰によるものです。わたしは、神の恵みを無にはしません。もし、人が律法のお陰で義とされるとすれば、それこそ、キリストの死は無意味になってしまいます。

 宗教改革者ルターはガラテヤ書を「私の妻」と呼び、この手紙から力を得て、改革の働きを進めたと言われています。宗教改革の三原則の一つである「信仰義認」となったのが今朝の箇所でありました。「義(正しい)」とは「曲がっておらず真っ直ぐ、基準に沿っている」という意味です。「基準」は神で、ユダヤ人に神から与えられた律法を行うことが基準である神に受け入れられることと彼らは信じていました。パウロもその一人でした。しかし、「自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている」(ロマ7章19節)自分の罪深さを知らされ、罪の克服に対する無力さを認め、神が遣わされた神の子イエスに「信仰」(神への信頼、自身を神に委ねること、神に従順を尽くすこと)をもって近づいた時、彼は「義とされ」ました。罪と罰から救われ、神との正しい関係に入れられ、神と共に生きられるようにされたのです。「生きる」のは、「神に対して生きる」(19節)、つまり神に向かって、また神のために生きる者とされたのです。この新しい生き方をする前に、古い生き方に死ななければなりませんでした。それをパウロは「キリストと共に十字架につけられている」(19節)と表現しました。この表現は洗礼により罪の赦しとキリストとの交わりを意味する(ロマ6章)と同時に、キリストと苦難を共にする(コロサイ1章24節)を含みます。異邦人信者の中には、キリストにおける律法からの自由を主張しても、キリストと共に十字架を担うことを拒否する者がいました。しかし、キリストと共に生きるとは、主が通られたすべての喜びも苦しみも共有することなのです。主は私たちのパートナー“partner”(苦楽を共にする人)なのです。「キリストに対する信仰により義とされる」にはこういう生き方も含まれているのです。十字架は確かに悲惨です。しかし、その中に栄光が隠されているのです。こういう生き方には大きな喜びが伴ってもいるのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 16:36| 主日説教要約

2019年09月08日

説教 『叫び声をあげた』

2019年9月8日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
マタイによる福音書14章22〜33節
それからすぐ、イエスは弟子たちを強いて舟に乗せ、向こう岸へ先に行かせ、その間に群衆を解散させられた。群衆を解散させてから、祈るためにひとり山にお登りになった。夕方になっても、ただひとりそこにおられた。ところが、舟は既に陸から何スタディオンか離れており、逆風のために波に悩まされていた。夜が明けるころ、イエスは湖の上を歩いて弟子たちのところに行かれた。弟子たちは、イエスが湖上を歩いておられるのを見て、「幽霊だ」と言っておびえ、恐怖のあまり叫び声をあげた。イエスはすぐ彼らに話しかけられた。「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」すると、ペトロが答えた。「主よ、あなたでしたら、わたしに命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください。」イエスが「来なさい」と言われたので、ペトロは舟から降りて水の上を歩き、イエスの方へ進んだ。しかし、強い風に気がついて怖くなり、沈みかけたので、「主よ、助けてください」と叫んだ。イエスはすぐに手を伸ばして捕まえ、「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と言われた。そして、二人が舟に乗り込むと、風は静まった。舟の中にいた人たちは、「本当に、あなたは神の子です」と言ってイエスを拝んだ。

弟子たちだけでガリラヤ湖に船出した夜。湖の上を歩いてイエス様が近づかれます。でも皆、「幽霊だ」と思って叫び声をあげたのです。その叫びを聞かれた瞬間、イエス様は「すぐに」彼らに話しかけられたのです。この「すぐに」というのは、叫び声をあげた弟子たちに一直線に駆け付けられたということです。もう安心。しかしマタイはそこで終わらずに、もう一度物語り始めたのです。ペトロが「湖の上を歩かせてほしい」と願い出て、そこで沈みそうになり、また怖くなって叫んだという出来事をでした。

神様を信じたら、人生に嵐が無くなるなんてことは決してありません。キリスト者にだって、嵐は繰り返し来る。そこで木の葉のように揺さぶられて、繰り返し疑ってしまうんです。その姿をペトロが生きていたのです。そういうペトロが、沈んで行く時、その腕を捕まえて下さった方がおられたのです。それが、イエス様でした。それが、救い主なのです。それもまたもや、31節、「イエスはすぐに」とあるように「すぐに」でありました。今朝聖書は繰り返し、「叫び声をあげた」と一対になるように「イエスはすぐに」と告げるのです。それはまた、イエス様が掴む御手は、沈む者と共にあるということ、義しい者に差し伸べられるんじゃないことをも示します。人間の叫びは、疑う者の「不信仰の叫び」です。でもそこに「イエスはすぐに」、なのです。主イエスが目を離さないでいて下さったのは「疑う者」、「信なき者」であった。そこで、「安心しなさい。わたしだ、恐れることはない」と繰り返し捕まえて下さるためにです。

皆さん、十字架の上で私どもも、「私は罪のゆえに沈みます。助けてください」と叫び声をあげた。その時私どもは「わたしだ。恐れることはない」と言っていただけて、捉えられたのです。私どもの傍にいつでも駆け寄って下さる主がおられる。その主がおられるから、繰り返しやって来る強い風に怖れが起こっても、生きて行けるのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 17:29| 主日説教要約

2019年09月01日

説教 『神がわたしに面目を失わせる』

2019年9月1日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
コリントの信徒への手紙二 12章19〜21節
あなたがたは、わたしたちがあなたがたに対し自己弁護をしているのだと、これまでずっと思ってきたのです。わたしたちは神の御前で、キリストに結ばれて語っています。愛する人たち、すべてはあなたがたを造り上げるためなのです。わたしは心配しています。そちらに行ってみると、あなたがたがわたしの期待していたような人たちではなく、わたしの方もあなたがたの期待どおりの者ではない、ということにならないだろうか。争い、ねたみ、怒り、党派心、そしり、陰口、高慢、騒動などがあるのではないだろうか。再びそちらに行くとき、わたしの神があなたがたの前でわたしに面目を失わせるようなことはなさらないだろうか。以前に罪を犯した多くの人々が、自分たちの行った不潔な行い、みだらな行い、ふしだらな行いを悔い改めずにいるのを、わたしは嘆き悲しむことになるのではないだろうか。


 コリントの教会が荒れていました。そういう時に出る言葉は「しっかりしなさいよ」という叱咤ではないですか。しかしパウロは、21節「再びそちらに行くとき、わたしの神があなたがたの前でわたしに面目を失わせるようなことはなさらないだろうか」と言ったのです。つまり、自分が低められ、卑しめられ、辱められると言っているのです。それもです、それをするのは周りの人ではなく、「神が」と告げていたのです。

 一体神が、ご自分のことを人々に伝えようとする者を低くされるというような事があるのでしょうか 戸惑ってしまって、「面目を失わせる」という言葉が他にどこで使われているのか調べてみたのです。その時、ハッとしました。フィリピ2章8節「キリストは・・・へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした」。これはキリストの姿ではないですか。その「へりくだって」が「面目を失う」と同じ言葉だったのです。キリストは人々を愛し抜かれました。それなのに、人々から称賛されたのではありません。神が、御子を十字架で死なせる道に歩ませたからです。徹底的に低くされ、卑しめられ、嘲られ、辱められ、鞭打たれ、十字架の汚名を着せられたのではないですか。十字架の上に、神が面目を失わせた人がいる。完全に卑しめられた方がいる、それは神の御子、十字架で死なれた救い主です。パウロは、このキリストの歩まれた道に、自分も従って行きたかったのではないですか。だから彼は、コリントの町に戻るのです。そこで人々の前で、もう一度卑しめられるところから始めるために。一人でも多く、神の福音を伝えたいからです。

 今朝み言葉は、私どもにも歩む道を示します。それは、「あの人のためなら、私は低められて生きよう。どうか神が、私をあの人の前で小さくして下さって、キリストの道を歩めますように」と祈りつつ生きるようにと。その私どもを神のなさり方で用いて下さって、そこに福音が伝えられるのですから。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 16:18| 主日説教要約

2019年08月25日

説教 『完全な道』

2019年8月25日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
詩編101編1〜8節
ダビデの詩。賛歌。
慈しみと裁きをわたしは歌い
主よ、あなたに向かって、ほめ歌います。
完全な道について解き明かします。
いつ、あなたは
わたしを訪れてくださるのでしょうか。
わたしは家にあって
無垢な心をもって行き来します。
卑しいことを目の前に置かず
背く者の行いを憎み
まつわりつくことを許さず
曲がった心を退け
悪を知ることはありません。
隠れて友をそしる者を滅ぼし
傲慢な目、驕る心を持つ者を許しません。
わたしはこの地の信頼のおける人々に目を留め
わたしと共に座に着かせ
完全な道を歩く人を、わたしに仕えさせます。
わたしの家においては
人を欺く者を座に着かせず
偽って語る者をわたしの目の前に立たせません。
朝ごとに、わたしはこの地の逆らう者を滅ぼし
悪を行う者をことごとく、主の都から断ちます。


 詩人は「完全な道について解き明かします」と語りかけます。そして断言するように、「完全な道」を歩くことを誓ってゆきます、「卑しいことを目の前に置かず、背く者の行いを憎み、まつわりつくことを許さず、曲がった心を退け、悪を知ることはありません」と。そこに力強さを感じて、「なぜ迷いなく、将来完璧に生きると誓えるのだろう」と思ったのです。

 それは冒頭の、「慈しみと裁きをわたしは歌う」という御言葉に関連があるでしょう。聖書の「慈しみ」とは、「受けるに値しない者たちに与えられる神の恵み」です。「お前が受け取るなんて考えられないと言われる者へ、しかしなお与える側の一方的な決心によって、相応しくない者へ与えられる恵み」ということなのです。神様は、ご自分に背く輩に駆け寄るように近寄いて、爪はじき者を選び取るようにして、恵みを与えて下さるのです。それは、実に「罪人に向けられた恩寵」なのです。

 その「慈しみ」は、困窮している者を目掛けて来ます。だからです、「完全な道を歩みたい」と踏み出して、でも上手く生きられずに、「ああ、また失敗した」と嘆く者に、嘆くと同時にその虚しさの空洞に、神の慈しみは突入して来てくださるのです。

 詩人が願った「慈しみ」は、既に到来しました。イエス様が私どもを目掛けて降誕して下されたからです。つまり、「慈しみ」はあなたを訪れたのです。それはまたキリスト者は、いま「完全な道」の上に、立っているということです。「私は道であり、命である」と言われた主が、完全な道なのですから。その主が私どもの内に満ちている。だから内なるイエス様に、ただ依りすがって立てば良い。自分の力を見るんじゃない、自分の誠実さとか自分の決心を見るのじゃなく、ただ主を見上げるなら、そこでだけ、「完全な道」に立っていると、信じられるのです。目覚めて歩むのです。そうやって、完全な道に立ち続けようではありませんか。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 13:38| 主日説教要約

2019年08月19日

説教 『畏れるべき方のみを畏れる』

2019年8月18日の礼拝
相模原教会協力牧師 西田恵一郎
ガラテヤの信徒へ手紙2章11〜14節
さて、ケファがアンティオキアに来たとき、非難すべきところがあったので、わたしは面と向かって反対しました。なぜなら、ケファは、ヤコブのもとからある人々が来るまでは、異邦人と一緒に食事をしていたのに、彼らがやって来ると、割礼を受けている者たちを恐れてしり込みし、身を引こうとしだしたからです。そして、ほかのユダヤ人も、ケファと一緒にこのような心にもないことを行い、バルナバさえも彼らの見せかけの行いに引きずり込まれてしまいました。しかし、わたしは、彼らが福音の真理にのっとってまっすぐ歩いていないのを見たとき、皆の前でケファに向かってこう言いました。「あなたはユダヤ人でありながら、ユダヤ人らしい生き方をしないで、異邦人のように生活しているのに、どうして異邦人にユダヤ人のように生活することを強要するのですか。」


 「アンティオキアでの衝突事件」の記録です。選民意識の強いユダヤ人は異邦人と食事を共にすることはありませんでした。しかし、異邦人とユダヤ人の混合教会であったアンティオキア教会では、パウロやバルナバの導きの成果もあり、「福音の真理」 ― 「ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません。あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです」(3章28節) ― に生きていました。「福音の真理」を公に認めたエルサレム会議後、エルサレム教会の指導者であったペトロがアンティオキアを訪問しました。当然、異邦人たちとも食事を共にしました。暫くして、同じエルサレム教会から割礼を受けることや律法遵守も必要とするユダヤ人キリスト者がやって来たのです。そうすると、ペトロは自分の評判やエルサレム教会への報告を気にしたのか、異邦人と食事をしなくなったのです。そのペトロをパウロは強く非難しました。人は評判を気にします。それは大使徒ペトロも同じだったのかもしれません。「福音の真理にのっとってまっすぐ歩いていない」(14節)誘惑に陥る可能性は誰にでもあるのです。従って、私たちは戒められ、正される必要があります。神から直接の場合もあれば、誰か「神の人」による場合もあるでしょう。パウロに非難された時、ペトロは主イエスによって叱責されたことを思い出したかもしれません。特にイエスに死に至るまで従うと豪語し、その後イエスを裏切った時のことを。しかし、その時、主イエスはまずおっしゃいました。「わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたが立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい」(ルカ22:32)と。ペトロはこの出来事の後、アンティオキア教会の初代総主教となり、一方、パウロは更に宣教の業を展開してゆくのです。私たちも正されつつ進むのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 09:50| 主日説教要約

2019年08月11日

説教 『見て深く憐れみ』

2019年8月11日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
マタイによる福音書14章13〜21節
イエスはこれを聞くと、舟に乗ってそこを去り、ひとり人里離れた所に退かれた。しかし、群衆はそのことを聞き、方々の町から歩いて後を追った。イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て深く憐れみ、その中の病人をいやされた。夕暮れになったので、弟子たちがイエスのそばに来て言った。「ここは人里離れた所で、もう時間もたちました。群衆を解散させてください。そうすれば、自分で村へ食べ物を買いに行くでしょう。」イエスは言われた。「行かせることはない。あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい。」弟子たちは言った。「ここにはパン五つと魚二匹しかありません。」イエスは、「それをここに持って来なさい」と言い、群衆には草の上に座るようにお命じになった。そして、五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて弟子たちにお渡しになった。弟子たちはそのパンを群衆に与えた。すべての人が食べて満腹した。そして、残ったパンの屑を集めると、十二の籠いっぱいになった。食べた人は、女と子供を別にして、男が五千人ほどであった。

 ガリラヤ湖畔で弟子たちは、もう陽が暮れる時間ということ、食事する食料も無いということ、そういう状況を見ました。その状況下で、解決方法を熱心に考えたのです。彼らは状況の全てを誤りなく把握していました。全てを見ているつもりでした。

 でも、なのです。イエス様を見たら、彼らとは何かが全然違うんです。イエス様も、群衆を見たこと自体は弟子たちと同じで、人々を「大勢だ」とご覧になられたことも同じで、でもイエス様は、人数をご覧になっただけでは終わらなかったのです。イエス様が見られたのは、苦しんでいるその一人の人だった。苦しくて悲しくて、深く悩んで、涙を溜めているあなたという人を見詰められたのです。必死にやって来たあなたという人そのものを見詰められた。だからイエス様のお心に迫ったのは、「辛かったね、よく来たね、もう大丈夫だから」という思いであったに違いないのです。そのお心をです、今朝、御言葉は「深く憐れみ」と告げていたのです。

 この「憐れみ」は、「共に苦しむ」とか「共に耐える」「腸がよじれて痛むほど苦しむ」という激しい意味さえある言葉です。つまり憐れみの主は、私どもの悲惨さを共に耐え、弱い人と一緒に弱って下さるお方なのです。無力な人と一緒に無力さを耐え忍んで下さるお方。つまり、私どもの生きている場所に、ドップリ浸かって下さるお方であるということなんです。そしてそれは、十字架の上の主イエスのお姿そのものではないですか。十字架は、神の憐れみが出来事となったのですから。

 初代キリスト者たちは、迫害を受けました。そういう彼らがです、この「5000人の給食」の出来事を語り合いながら、「あのガリラヤ湖畔で、押し寄せた群衆の一人ひとりを見て共苦されたイエス様・十字架のキリストが、今私にも共にいて下さるね」と確信し合って、それが喜びとなったのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 13:12| 主日説教要約