2018年08月12日

説教 『種は落ちた』

2018年8月12日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
マタイ福音書13章1〜9、18〜23節
その日、イエスは家を出て、湖のほとりに座っておられた。すると、大勢の群衆がそばに集まって来たので、イエスは舟に乗って腰を下ろされた。群衆は皆岸辺に立っていた。イエスはたとえを用いて彼らに多くのことを語られた。
「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。 蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。ほかの種は茨の間に落ち、茨が伸びてそれをふさいでしまった。ところが、ほかの種は、良い土地に落ち、実を結んで、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。耳のある者は聞きなさい。」
「だから、種を蒔く人のたとえを聞きなさい。だれでも御国の言葉を聞いて悟らなければ、悪い者が来て、心の中に蒔かれたものを奪い取る。道端に蒔かれたものとは、こういう人である。石だらけの所に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて、すぐ喜んで受け入れるが、自分には根がないので、しばらくは続いても、御言葉のために艱難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまう人である。茨の中に蒔かれたものとは、御言葉を聞くが、世の思い煩いや富の誘惑が御言葉を覆いふさいで、実らない人である。良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて悟る人であり、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結ぶのである。」


 広い土地に、農夫がロバを連れて種を蒔きます。種が入った袋を背中に乗せたロバが歩いた跡に、袋から種がポトリ、ポトリと落ちる。その種の落ちた場所が4つ描かれていて、道端と、石だらけと、茨の間と、そして良い土地でした。さてこの種を蒔く農夫の例えを聞いていた人々は、「自分たちがしている種蒔きも、そんな風に無駄がある。勿体ないけど、仕方ないよ」と思った人もいたでしょう。それでも例え話を聞きながら人々は、「この農夫って、我々とは違って、その種を気にして、ずっと目で追っているみたいだ」と気付いたかもしれない。自分たちは「無駄になるのもしょうがないよ」と思うだけで、いちいちその1粒を目では追わない。でもこの農夫は、つまり神様は、1粒を丁寧に追いかけておられるのです。

 そうやって種を見詰めていたら、コロコロと転がった先で、「何てことだろう、そこは人が踏みしめた堅い道端じゃないか。そこは石だらけじゃないか、茨だらけじゃないか」と、農夫の悲しみが生まれたということなのです。神様に溜息をもらさせてしまったということです。このイエス様の例え話は、種の行き先を見詰める父なる神の話です。そのお心の話なのです。ここに聞こえるのは、教育的訓示ではありません。「良い心になれ」と、お尻を叩くのでもないんです。繰り返し聞こえて来るのは、「種は落ちた。でもそこで、あなたのなかで御言葉は、奪い取られたのだ。枯れてしまったのだ、塞がれてしまったんだ。一つの実りも無かったのか」という、神の嘆きであるのではありませんか。

 でも、だからであります。何度も1粒を蒔く、忍耐して下さって繰り返し1粒を落とされる。その1粒の御言葉がであります。もしもついに私どもの良い土地に落ちたなら、それをご覧になったなら、なのです。辛抱し続けて下さった父なる神様が、繰り返された嘆きのあとについに、あなたの中に御言葉が実り出したのをご覧になったらです。そこにある神様の喜びは、どう表現して良いか分からないくらい特別に大きいな喜びとなるのではありませんでしょうか。まさにそれが23節、「あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった、ついに実りを結んだよ」との、神様の爆発的喜びなのです。イエス様は、あなたの天の父の喜びが、そのときどんなに大きいかを伝えたかっのだと思うのです。その喜びの特別さを伝えたかったと思えてなりません。

 神様は、1粒の御言葉によって私どもが花を咲かせて実りをもたらすようになることを、つまり御言葉の通りに生きるキリスト者となることを待っていて下さるのです。そこに神の喜びがあるからなのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 14:04| 主日説教要約

2018年08月05日

説教 『武器は、従順』

2018年8月5日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
コリントの信徒への手紙二10章1〜6節
さて、あなたがたの間で面と向かっては弱腰だが、離れていると強硬な態度に出る、と思われている、このわたしパウロが、キリストの優しさと心の広さとをもって、あなたがたに願います。わたしたちのことを肉に従って歩んでいると見なしている者たちに対しては、勇敢に立ち向かうつもりです。わたしがそちらに行くときには、そんな強硬な態度をとらずに済むようにと願っています。わたしたちは肉において歩んでいますが、肉に従って戦うのではありません。わたしたちの戦いの武器は肉のものではなく、神に由来する力であって要塞も破壊するに足ります。わたしたちは理屈を打ち破り、神の知識に逆らうあらゆる高慢を打ち倒し、あらゆる思惑をとりこにしてキリストに従わせ、また、あなたがたの従順が完全なものになるとき、すべての不従順を罰する用意ができています。

 パウロは毅然として、2節、「わたしたちのことを肉に従って歩いているとみなしている者たちに対しては、勇敢に立ち向かう」と。そのパウロが手にする武器が、4節で「神に由来する力」だと言われていたのです。

 「神に由来する力」って、敵を圧倒的に打ち負かしてしまうパワーだと思われませんか。この世はそういう力が一番大切だと思っているでしょう。でもパウロが、もしもこの世的なパワーで敵味方の戦いを開始するのだとしたらです。神様がその戦いに、「神に由来する力」をもって加担されると言うのでしょうか。そんなはずはないと思えてなりません。敵味方を作る中に、愛され愛するという世界が崩れるからです。それは、神の痛みであるはずだからです。

 この「神に由来する力」という言葉は、「忍耐をもって苦難や災難に立ち向かう、力強さ」です。苦難があったら、それをやっつけるんじゃないんです。苦難を忍耐して、むしろその逆に重荷を引き受けて、担い切るんです。アッと思いました、それはイエス様が十字架に掛けられた御姿ではないですか。イエス様が辿られた道は、他者をねじ伏せたのじゃなくて、御自分がねじ伏せられ、とうとう十字架の上にねじ伏せられて命まで奪われたのです。神の御子にパワーが無かったから十字架刑で死なれたんじゃない。むしろ全てのパワーを放棄され、父なる神への従順を貫かれたからではないですか。イエス様はご自分のパワーに生きるのではなく、御心への全き「従順」に生きられた。その御父への「従順」が、イエス様の、罪と戦う真の「武器」であられたのではないですか。

 御心に従う道は、人間には弱さにしか見えないでしょう。敗北にしか見えない。しかしそこに神の勝利がある。皆さん、これが「神に由来する力」であるのです。パウロは、知識においても、行いにおいても超一流でしたから、言い負かせることぐらい簡単だったでしょう。しかし彼は、キリストの姿に生きる、苦難の僕の姿に生きる、御心に従順であろうとしたのです。そこにあるのは、神の最善の計画の成就であり、神の勝利であると確信していたからであります。

 どんな場面でも、まず祈って御心を聞いて、その御声に従う人は、実は本当は強い人です。それはきっとそう生きる時に、血を流す思いをするのは自分だからです。それを引き受けるからです。キリストのようにです。でも、もしもそのように生きることが出来たら。そのあなたとキリストが一つになっていて下さるのです。そのあなたを通して、神の計画が前進するのです。神の勝利が起こされるのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 15:27| 主日説教要約

2018年07月22日

説教 『御名を唱えて、立ち上がる』

2018年7月22日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
詩編20編1〜10節
指揮者によって。賛歌。ダビデの詩。
苦難の日に主があなたに答え
ヤコブの神の御名があなたを高く上げ
聖所から助けを遣わし
シオンからあなたを支えてくださるように。
あなたの供え物をことごとく心に留め
あなたのささげるいけにえを快く受け入れ
あなたの心の願いをかなえ
あなたの計らいを実現させてくださるように。
我らがあなたの勝利に喜びの声をあげ
我らの神の御名によって
旗を掲げることができるように。
主が、あなたの求めるところを
すべて実現させてくださるように。
今、わたしは知った
主は油注がれた方に勝利を授け
聖なる天から彼に答えて
右の御手による救いの力を示されることを。
戦車を誇る者もあり、馬を誇る者もあるが
我らは、我らの神、主の御名を唱える。
彼らは力を失って倒れるが
我らは力に満ちて立ち上がる。
主よ、王に勝利を与え
呼び求める我らに答えてください。


 この詩の前半には「どうか苦難の日に、支えてください」と必死に祈ります。それなのに後半になって急に「今、分かってしまった。勝利を授けられると」と安心し切っているのです。まるでそこをヒョイと飛び越えて、安心な場所に着地している。何故そんなことができるのだろうか。それはこの詩人が、8節、「戦車を誇る者あり、馬を誇る者もあるが、我らは、我らの神、主の御名を唱える」からでした。

 戦車を誇る者というのは、自分の武力とか策略とか、つまり人間の力で何とかしよう、支配できると考える世界です。でも詩人は、それと対比するように、もう一つ別の世界を語りました。それが「主の御名を唱える」という世界です。この「唱える」とは、「思い起こす」という意味の言葉です。「神様ご自身の現実が働いている世界」を、思い起こすのです。そのようにした時にでした。詩人は、人間の力に支えられる世界から、神の現実が働く世界へと飛び越えられたのです。

 人によっては、自分の人生を振り返って「あの時は不満だった、あの日は不運だった」と、不満ばかりを数えるでしょう。でも神様を知るということは、そういう数え方から解放されて、「どの時も神様は最善をして下さった、その御業を数えることが出来る」ということです。そしてそれこそが、恵みそのものだと思うのです、なぜなら、世界は神の働きに満ちていると思い起こせたら、未来も、神様が必ず働いて下さる現実の中にいるのだと信じることができるからです。たとえ今苦難の中にあっても、未来を神が恵みをもって支えていて下さると確信することが出来るんです。

 力強く胸を打つ詩編です。では、この歌を知っていた民は、このあと敵に恐れることなく進めたのかというとそんなことはありませんでした。朝は明るくて元気でいるけれど、歩き出したところで小さな苦難にぶつかるともう心配顔で歩いてしまう。その姿は、私にそっくり。でも、そんな人間だからこそです。そんな私どもを、誰よりも心配して下さるお方がおられるって知っているということが一番大事なんです。弱い私を見放さないで、なお関り続けて下さる方がいて下さる。そのお方が神なのです。私どもが神を忘れそうになっても、私どもを「神の現実が働かれる世界」に捕らえて、据え続けて下さるのは神様なのです。

 苦難に襲われることだってあるでしょう。でもその度に礼拝に帰って来て下さい。神が過ぐる1週間も、現実に働き続けて下さったことを思い起こすために。そこで、やって来る1週間も、神が働かれる世界に生きることを心に刻み直させていただくためにです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 19:11| 主日説教要約

2018年07月16日

説教 『主によって、キリストによって』

2018年7月15日の礼拝
相模原教会協力牧師 西田恵一郎
フィレモンへの手紙17〜20節
だから、わたしを仲間と見なしてくれるのでしたら、オネシモをわたしと思って迎え入れてください。彼があなたに何か損害を与えたり、負債を負ったりしていたら、それはわたしの借りにしておいてください。わたしパウロが自筆で書いています。わたしが自分で支払いましょう。あなたがあなた自身を、わたしに負うていることは、よいとしましょう。そうです。兄弟よ、主によって、あなたから喜ばせてもらいたい。キリストによって、わたしの心を元気づけてください。


 フィレモンはパウロによってキリストに導かれた敬虔な信者で、裕福でもあったようで、彼の家は教会として開放されていました。オネシモはフィレモンの物を持ち逃げした奴隷。彼もパウロを通してキリストを信じるようになりました。法に従ってオネシモを送還しようとするパウロは、彼を愛によって迎え入れて欲しいとフィレモンに嘆願の手紙を書きます。それがこの書簡の目的でした。

 パウロが導いた二人の信者を取り持つために、「使徒」としての立場と権限を用いれば、思いのままに事を進めることはそう難しくはなかったと思われます。しかし、「囚人」「年老いた者」として自分を紹介し、へり下り、繊細に相手の立場を考慮しながらフィレモンの愛に訴えます。理由の一つは「キリストの完全さに到達するように」と訳せる六節bにあるようです。フィレモンには信仰における一層の成長が望まれていたのでしょう。私たちにおいても成長の目標はキリストであり、常にキリストに、より一層似る者となることです。先にキリストを信じた者として、私たちもパウロのように謙遜に丁寧に人々に対応しているかが問われているのではないでしょうか。人を導く時、次に問われるのは「人による対応を超えた神の介入」を思っているかです。持ち逃げした奴隷との「しばらく」(一五節)の離別に「いつまでも」(一五節)続く兄弟関係(パートナーシップ)を生み出す神の摂理(神の計画と配慮、神の目的の成就)を見ているかということです。

 人は現状のみを事実として見るが、神は可能性を事実として見るのです。パウロも一人の逃亡奴隷に可能性と神の御心を見て、執り成しをしました。「罪人の頭」である自分のために執り成したイエスを思うと、彼もそうせずにはいられなかったのです。更にその先に、使徒・主人・奴隷の関係を超えて、神との和解のためのパートナーとなれることを知っていたのです。私たちも皆、和解の働きのために召されたパートナーです。その関係は「主によって、キリストによって」(二〇節)しか確立する道は他にないのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 06:54| 主日説教要約

2018年07月08日

説教 『善い業を始め、成し遂げる方』

2018年7月8日 創立70周年記念礼拝説教
相模原教会牧師 辻川篤
フィリピの信徒への手紙1章3〜6節
わたしは、あなたがたのことを思い起こす度に、わたしの神に感謝し、あなたがた一同のために祈る度に、いつも喜びをもって祈っています。それは、あなたがたが最初の日から今日まで、福音にあずかっているからです。あなたがたの中で善い業を始められた方が、キリスト・イエスの日までに、その業を成し遂げてくださると、わたしは確信しています。

 戦後まもなく、相模原の地に引き上げて来た人たちがいました。すぐに「相模原教会」として教団に届け出がなさます。1948年のことです。その日の喜びを書き残した原稿がありました。「我は、汝らのうちに善き業を始めたまひし者のキリスト・イエスの日まで之を全うし給ふべきことを確信します。(フィリ1章6節)相模原教会も神によって始められ、神によって保たれるのであります」と。教会の将来に、神の御業が続くことを見詰めておられたのです。

 その感謝の中で、しかしでした。教会員がそれぞれの故郷に帰り、礼拝は途絶えてしまうのです。

 もしも教会が、人間が始めようと言って始められたものであったのなら、この時点で空中分解していたでしょう。でも時を同じくして、米軍補給廠で聖書研究会を始めていたのです。そして「相模原の地に出て、正式に教会として伝道を始めるのだ」と教団に「相模原教会設立」を申し出た時にでした。すでに「相模原教会」という名称が登録されていたことを知ります。それらは全く別の群れなんです。それなら名前も、別のものにしたほうが良いと、この世の常識なら考えませんか。でも彼らの思いは違ったのです。それは彼らもきっと、「あなたがたの中で善い業を始められた方が、その業を成し遂げてくださる」との信仰に立っていたのかも、と思えてなりません。だから、相模原教会を始めて下さったのが神であられるのなら、なお教会を保ち完成させて下さるに違いない、自分たちはその途上に立つのだと、そう信じた。そして「相模原教会」の名前を引き継いだのです。初代牧師を迎え、献堂もされ、神が始められた善い業は、また一つの通過点を、喜びをもって通ったのであります。

 私どもが、教会の創立70周年を振り返るなら分かることがある。それは、神のなさる善い業は、連綿と続くということです。それは、私どもの人生においても同じなんです。神様が「命あれ」と願われたから、この命があるのです。どんな命も神様にとっては、善い業の結晶なんです。だからこそ、その業を保って下さるのも神ご自身なのです。小さな御業を与え続け、苦難を乗り越えさせて下さる。何よりも一緒に祈り一緒に人生を戦ってくれる兄姉を与えられる。私どもはいつも、神の善い御業に囲まれて生きているのです。それは、日ごとに「御業」を数える人生となり、言い換えるなら「恵み」を数える生活となるのです。それは「自力」によらず、神の御心が成就することを希望して歩む人生となるでしょう。そういう信仰生活が、もう恵みではありませんか。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 19:03| 主日説教要約

2018年07月01日

説教 『そして主の兄弟、姉妹になる』

2018年7月1日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
マタイによる福音書12章46〜50節
イエスがなお群衆に話しておられるとき、その母と兄弟たちが、話したいことがあって外に立っていた。そこで、ある人がイエスに、「御覧なさい。母上と御兄弟たちが、お話ししたいと外に立っておられます」と言った。しかし、イエスはその人にお答えになった。「わたしの母とはだれか。わたしの兄弟とはだれか。」そして、弟子たちの方を指して言われた。「見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。だれでも、わたしの天の父の御心を行う人が、わたしの兄弟、姉妹、また母である。」

 母マリアが、長男イエスに会いたいと訪ねて来ました。その母マリアに対して、イエス様が「わたしの母とは誰か」と言われたのです。イエスの家族であるのは、血肉の繋がりじゃなくて、お腹を痛めたマリアであろうと、ある日ある時、新しい家族に入るということなんです。その新しい家族に入っていく正面玄関が、50節の「天の父の御心を行う」ということです。だからマリアも、弟達も、別々の家庭で育った弟子達でさえ、さらに全く他人だった群衆さえも、イエス様の家族となれるということです。イエス様に心血を注いで守って頂ける一員に、私どもも成れるということです。

 それにして、そんなに嬉しい神の家族なのに、どうして最初から母マリアが入っていなかったのか。恐らくマリアにとっては、この時までその家の入口を知ならなかったからではないでしょうか。その母マリアをイエス様がご覧になって、伝われとばかりに話し出されました「わたしの天の父の御心を行う人が、私の兄弟、姉妹、また母である」と。「ここから入って欲しい」と切ないほどの思いでイエス様は、マリアたちを見詰めておられたのです。「わたしの母とは誰か」と言って、悲しみ深い所におられたのは、それを聞いたマリアというより、それを言わざるを得なかったイエス様なのではないですか。マリア達は、このあといつからかイエス様と旅をするように、人生が変わって行ったようです。身の回りのお世話をする人の中に入って、イエス様の言葉を聞くようになって行く。そこでも何度も御心を行うことに失敗して、きっと自分中心の思いと言葉が出てしまう事になったかもしれない。どうして自分を尊重してくれないのと嘆きつつ、それでも一行の後をトボトボと付いて行く、傍を離れられずに、ただひたすら付いて行く歩みを重ねたのだと思うのです。そういう歩みの中でマリアは、天の父の御心を聞こうと祈るイエス様の姿に四六時中触れて、自分の中にも、祈りつつ御心を行う歩みが生まれていたのではないでしょうか。その時マリアは、イエス様の歩み方と同じになり、主の家族の歩みになっていたのだと思います。

 私どもも、御言葉に従って歩みたいと願う一人ひとりなのに、その歩みに転んでしまう。それでもやっぱり、イエス様の傍からは離れられなくて、トボトボと、一番後ろだけど、遅れながらだけど、イエス様のあとをついていく信仰の生活を続ける。なお、御言葉を欲っして、天の父の御心を行う人になりたいと歩みを重ねる人生に、イエス様から、声を掛けていただけるのです「あなたは、私の兄弟、姉妹になったね」と。トボトボと歩む私どもを慈しみつつ、「もう私の家族だよ」と呼んで下さるのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 16:56| 主日説教要約