2011年06月30日

『日々の聖句』2011年6月

相模原教会Calendar 6月
『日々の聖句』み言葉のパンで生きる365日
●その日のために選ばれたみ言葉が記されています。み言葉に導かれ、支えられ、励まされながら365日を過ごしてゆきたいと願っています。日々のみ言葉が、教会と家庭の生活をさらに豊かにしてくれるでしょう。(聖句の後に記された短い文は、牧師の黙想と祈りです)

●1. 水 pm7:00 聖書の学びと祈祷会

世も世にある欲も、過ぎ去って行きます。しかし、神の御心を行う人は永遠に生き続けます。  (1ヨハ2・17)

(お金や地位や評判も、この世的な頼りは泥の船。いずれは沈んで消えて行く。危ないぞ!御言葉の船に早く乗り込め)

●2. 木 pm7:00受洗準備会

彼らは主の命令によって宿営し、主の命令によって旅立った。 (民9・23)

(人々は、神が「とまれ」とおっしゃれば進みたくても休み、「行け」と言われれば困難でも前進した。私もそうでありたい)

●3. 金 pm2:00信仰の書を読む会
あなたがたのために救い主がお生まれになった。 (ルカ2・11)

(2000年前のベツレヘムから、21世紀の私に声が届いた。「あなたのためだよ」と、主の使いの声は私を名指しする。)
●4. 土
武力によらず、権力によらず、ただわが霊によって、と万軍の主は言われる。 (ゼカ4・6)

(現実の課題に向かう時、私はまず祈っているか。本気で導きを第一としているのか。経験という武器を握っているのかも)
●5. 日(第1主日)説教・辻川篤牧師
聖餐式、礼拝後・ヘルモン会、ぶどうの会 各定例会



●6. 月

「今泣いている人々は、幸いである、あなたがたは笑うようになる。」  (ルカ6・21)

(泣きたいことに囲まれても、絶望に終わらないんだ。「笑う日が来るから」と、約束を聞いたよ。だから、主を見上げよう)

●7. 火

泣きやむがよい。目から涙をぬぐいなさい。あなたの苦しみは報いられる、と主は言われる。 (エレ31・16)

(昨日に続いて“涙”のこと。どの時代の人にも涙の日々があると、神はご存知なんだ。私の涙も知られている。もう安心)

●8. 水 pm7:00 聖書の学びと祈祷会

(主は祈って言われた)「しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに。」 (マタ26・39)

(最後に御子は、御父の計画を自分の計画にする決意をされた。「御心のままに」と。「十字架」は御父と御子の心なんだ)

●9. 木 pm7:00受洗準備会

今、この目であなたを仰ぎ見ます。それゆえ、わたしは塵と灰の上に伏し自分を退け、悔い改めます。 (ヨブ42・5-6)

(万物創造の神に出会ったら、何を悟る。己の愚かさ、汚れだ)

●10. 金 pm2:00信仰の書を読む会

「あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ。」  (マタ6・8)

(御父は私の必要を御存知。なのに私は自分の必要も知らないで、願うことはいつもトンチンカン。御父は苦笑してるね)

●11. 土
(イエス)「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」 (マコ2・17)

(主は名医。罪の苦しみを見逃さない私の掛りつけドクター)

●12. 日(第2主日・聖霊降臨日 ペンテコステ)
説教・辻川篤牧師
am7:00早天祈祷会(奨励・浅川輝子姉)
洗礼式、堅信礼式、聖餐式
礼拝後・記念撮影、祝会

●13. 月

ヤコブは言った。「兄上のお顔は、わたしには神の御顔のように見えます。」 (創33・10)

(兄を裏切ったのに赦された弟。そこにある喜びは何に例えられよう。彼はちゃんと言えた、神のされることのようだ、と)

●14. 火

「あなたたちは神の掟を捨てて、人間の言い伝えを固く守っている。」  (マコ7・8)

(自分中心で考える時、神のご計画と御心が全部ないがしろにされるんだ。「あなたたち」との主の指は、私をも指している)
●15. 水 pm7:00 聖書の学びと祈祷会

わたしはアルファであり、オメガである。最初の者にして、最後の者。初めであり終わりである。 (黙21・6)

(途方に暮れても失望しないで良いわけは、これかもね。人生の初めを守り、終わりでもちゃんと迎えて下さる方がいるから)

●16. 木 pm7:00キリスト入門講座

御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。  (2テモ4・2)

(今日、夕食の食前の祈りを声に出して祈ってみよう。傍で聞く家族に、イエスの名を伝えたいから。小声から始めよう)

●17. 金 pm2:00信仰の書を読む会

イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ。静まれ」と言われた。  (マコ4・39)

(弟子たちが嵐に遭って船上で不安になった時、主はまず嵐を叱られた。不信仰への嘆きより前に。私はそんな主が好き)

●18. 土
(アブラハムは)神は約束したことを実現させる力も、お持ちの方だと、確信していた。  (ロマ4・21)

(神の約束が全部実現すると信じたら、すごいよ!赦しも永遠の命も逃れの場も、貰い放題。そっちの人生が絶対いい)

●19. 日(第3主日)説教・西田恵一郎牧




●20. 月

すべて御もとに身を寄せる人に、主は盾となってくださる。  (詩18・31)

(今日の御言葉で、深い安らぎに包まれる。たとえ今、試練の大嵐や闇の中でも、静かな平安の場所を見つけたから)

●21. 火

主に望みをおく人は新たな力を得、鷲のように翼を張って上る。走っても弱ることなく、歩いても疲れない。 (イザ40・31)

(弱ってしまう時があっていいんだ。それで終わらないんだもん)

●22. 水 pm7:00 聖書の学びと祈祷会

イエスは一緒に下って行き、ナザレに帰り、両親に仕えてお暮らしになった。 (ルカ2・51)

(子であるという姿は、@親に仕えること、A一緒に暮らすということ。主は手本を示されたのに、一つも従えてないなぁ)

●23. 木 pm7:00キリスト入門講座

(イエスは)御自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、試練を受けている人たちを助けることがおできになるのです。  (ヘブ2・18)

(主は傷だらけの私と、肩を並べて座って下さる。友として)

●24. 金 pm2:00信仰の書を読む会

神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。 (ロマ8・14)

(天の父が、私を子として心配して言葉をかけていて下さる。「そっちの道じゃない、こっちだよ」と。聖霊の導きを喜ぼう)

●25. 土
助けを求めてあなたに叫び、救い出され、あなたに依り頼んで、裏切られたことはない。 (詩22・6)

(こう言い切れる詩人は、「求め」と「救い」を総チェックしているから。それほどまで神様のなさることを見つめているんだ)

●26. 日(第4主日)説教・辻川篤牧師
礼拝後すぐ・祈り会
pm1:30東組・南組合同組会


●27. 月

神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスによる永遠の命なのです。  (ロマ6・23)

(神からのプレゼントの中で、一番目を挙げるなら何だろう?パウロは、永遠の命を掲げた。その貴重さが分かってたんだ)

●28. 火

「わたしの契約を守るならば、あなたたちはすべての民の間にあって、わたしの宝となる。」 (出19・5)

(“契約”とは“言葉”。神が言われた言葉を真剣に受け取り、大事に守るのは、神を愛してるから。それが神の宝の人だ)

●29. 水 pm7:00 聖書の学びと祈祷会

イエスは人里離れた所に退いて祈っておられた。 (ルカ5・16)

(御心を知る御子でさえ、御父と静かに祈る時が必要なのに。私がチョコチョコっと祈って済ませられるはずもない。祈ろう)

●30. 木 pm7:00キリスト入門講座

「わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊も導かなければならない。」  (ヨハ10・16)

(主が探し出される。藪の中に分け入り、闇の中を訊ねて。一人でも多く救うために。その方のことをあの人にも伝えたい)







posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 15:56| 『日々の聖句』