2020年03月30日

説教 『まことの神殿』

2020年3月29日の礼拝
相模原教会協力牧師 秋葉恭子
ヨハネによる福音書2章13〜22節
2:13 ユダヤ人の過越祭が近づいたので、イエスはエルサレムへ上って行かれた。
2:14 そして、神殿の境内で牛や羊や鳩を売っている者たちと、座って両替をしている者たちを御覧になった。
2:15 イエスは縄で鞭を作り、羊や牛をすべて境内から追い出し、両替人の金をまき散らし、その台を倒し、
2:16 鳩を売る者たちに言われた。「このような物はここから運び出せ。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」
2:17 弟子たちは、「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」と書いてあるのを思い出した。
2:18 ユダヤ人たちはイエスに、「あなたは、こんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちに見せるつもりか」と言った。
2:19 イエスは答えて言われた。「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。」
2:20 それでユダヤ人たちは、「この神殿は建てるのに四十六年もかかったのに、あなたは三日で建て直すのか」と言った。
2:21 イエスの言われる神殿とは、御自分の体のことだったのである。
2:22 イエスが死者の中から復活されたとき、弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、聖書とイエスの語られた言葉とを信じた。

 過越しの祭りのときに、神殿の境内で繰り広げられていた喧騒は、まさに昔も現代も変わらぬこの世の状況です。支配階級から庶民まで、真実に神様をあがめ、自分の罪を悔い改めて神様の赦しを心から願い祈る姿はほとんど見られません。それは2000年前のユダヤ教や、ユダヤ人だけの問題ではありません。そこで問われているのは、わたしたち自身の罪だということです。人間の根源的な罪だということです。イエスさまの鞭は、わたしたちが暮らすこの世に向けて振り下ろされている、父なる神様のただならぬ怒りの象徴だということです。

 鞭をふるい、両替人の金をまき散らし、台を倒され、「わたしの父の家を商売の家としてはならない」と叫ぶイエスさまを目の当たりにして弟子たちが思い出した御言葉として、詩編の69篇10節「あなたの家を思う熱意が熱意がわたしを食い尽くす」が引用されています。神を信じる信仰のゆえに、迫害を受けて苦しむ信仰者の苦悩を歌った歌です。この信仰ゆえに苦しむ義なるお方というのは、主イエス・キリストご自身にほかならない、ということを指し示しています。完璧に義なるお方、神様の御前に立つことができる義しい者が理由のない迫害に苦しまなければ、罪に染まった人間が贖われることはなく、その者が蘇らなければ救いは完成しないということが語りかけられています。

 イエスさまが三日で建て直してみせるとおっしゃった神殿は、御自身の体のことでした。神様の独り子であられる御自身がすべての人のための一回限りの犠牲のささげものとして十字架にかかり、人々の罪を贖うこと。ヨミにまでくだり、復活して、天に昇り、全能の父なる神の右に座して永遠の命が約束されること。そのことを心で信じて、口で告白して洗礼を受けた者たちに、助け主として聖霊を送ること。そのように主イエス・キリストを真の救い主と信じる聖徒の交わりが、まことの神殿、教会となるのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 15:20| 主日説教要約