2020年02月23日

説教 『主の声に聞き従え』

2020年2月23日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
詩編95編1〜11節
95:1 主に向かって喜び歌おう。
   救いの岩に向かって喜びの叫びをあげよう。
95:2 御前に進み、感謝をささげ
   楽の音に合わせて喜びの叫びをあげよう。
95:3 主は大いなる神
   すべての神を超えて大いなる王。
95:4 深い地の底も御手の内にあり
   山々の頂も主のもの。
95:5 海も主のもの、それを造られたのは主。
   陸もまた、御手によって形づくられた。
95:6 わたしたちを造られた方
   主の御前にひざまずこう。
   共にひれ伏し、伏し拝もう。
95:7 主はわたしたちの神、わたしたちは主の民
   主に養われる群れ、御手の内にある羊。
   今日こそ、主の声に聞き従わなければならない。
95:8 「あの日、荒れ野のメリバやマサでしたように
   心を頑にしてはならない。
95:9 あのとき、あなたたちの先祖はわたしを試みた。
   わたしの業を見ながら、なおわたしを試した。
95:10 四十年の間、わたしはその世代をいとい
   心の迷う民と呼んだ。
   彼らはわたしの道を知ろうとしなかった。
95:11 わたしは怒り
   彼らをわたしの憩いの地に入れないと誓った。」

 「主の声に聞き従え」と告げられます。それは、主を熱く賛美していた人々に対してです。つまり彼らは、神を信頼することにおいて熱しやすく、冷めやすい人々だったからです。御業を経験したのに、すぐに忘れて頑なになり、不平の虜になったのです。ふと「それは私だ」と思いました。そんな、背くばかりの私が、なお神の恵みの中に留めていただけるなんて図々しい話が在り得るのでしょうか。もう自分の力ではどうしようもないんです。

 そう説教準備の中で気付かされた、そこで、でした。そんな私であるということを、私自身よりも知っていて下さる方がおられたと気付いたのです。それも、一瞬たりとも躊躇なさらないで、私のためにご自分の命を十字架に架けて、私を罪の道から取り戻してくださった方がおられた。それが御子なる神であられたのではないですか。私どもが少しは義しい者になれたら、神様はその義しい姿に関わって下さると言うんじゃないんです。その逆で、神の言葉を少しも本気で聞いていない、だから自分が神になる生き方でしか歩んでいない私どもに、神様は関わって下さるのです。それは神お一人がとんでもなく忍耐されたということ。それが、私どもを救う十字架の出来事だったのではないですか。

 私どもは、「ちっとも聞き従えない私です」と、その自分を抱えて、イエス様が血潮を流された十字架を見上げる時にだけ、そこから聞こえて来る御声がある。それは「お前のことはよく分かっている。罪人よ、しかし悟れ。あなたは赦された。私の血潮によって、あなたは赦された」と。そして聞くのです、この詩編の歌い人は知らなかったことを、「赦された者として、もう一度私の声に聞いて従う道を歩み出せ。今度こそ頑なになるなよ。心を迷わせないだろ、必ず最善をしていただけると信頼して生きられるだろ」と。良い知らせじゃないですか、これが、福音なんです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 14:45| 主日説教要約