2020年01月20日

説教 『奴隷ではなく、神の子』

2020年1月19日の礼拝
相模原教会協力牧師 西田恵一郎
ガラテヤの信徒への手紙4章1〜7節
つまり、こういうことです。相続人は、未成年である間は、全財産の所有者であっても僕と何ら変わるところがなく、父親が定めた期日までは後見人や管理人の監督の下にいます。同様にわたしたちも、未成年であったときは、世を支配する諸霊に奴隷として仕えていました。しかし、時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法の下に生まれた者としてお遣わしになりました。それは、律法の支配下にある者を贖い出して、わたしたちを神の子となさるためでした。あなたがたが子であることは、神が、「アッバ、父よ」と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります。ですから、あなたはもはや奴隷ではなく、子です。子であれば、神によって立てられた相続人でもあるのです。

 前章の後半で律法の奴隷であった者たちがイエス・キリストへの信仰によって神の子とされ、律法から解放された。そして、神の祝福の相続人とされたことをパウロは説明しました。この箇所で、別の比喩を用いて、もう一度この真理の説明を繰り返し、5章でも再度、キリスト者の自由について説明がなされます。このことからも、「キリスト者の自由」がガラテヤ書のテーマであることを窺い知ることができます。

 奴隷状態にあったのはイスラエルの人たちだけではありませんでした。異邦人たちも「世を支配する諸霊」(3節)―ある霊力や迷信や占いなどの幼稚な教え―の奴隷でした。パウロの目にはガラテヤの信徒たちが「逆戻り」(9節)しつつあると映ったのでしょう。私たちも合理的生活を営んでいると言いながら、何物にも縛られていないと断言できないかもしれません。物や地位や名誉などに縛られてはいないでしょうか。
   
 「しかし」という言葉をもって、4節からパウロはキリストを通して与えられた神の祝福を人々に思い起こさせます。神は、御自分の独り子を人として「お遣わしにな」(4節)ったのです。その目的は、人を「贖い出」(5節)し、「神の子」(5節)とするためでした。それは、あの放蕩息子が惨めな状態から救い出され、子としての身分を回復したのと同様です。その結果、放蕩息子にも、また、私たちにも「アッバ、父よ」(6節)ムエル上1章11,16節)と叫ぶ「御子の霊」(6節)が与えられました。神の子とされた私たちは「神によって立てられた相続人」(7節)でもあります。相続人が相続した財産の一つが聖霊の付与なのです。かつてイスラエル人が神の祝福としていたのは、専ら富や嗣子さや長寿でした。しかし、キリストを通して私たちが相続したのは、もっと値高く、永続する「永遠の命」や変わらない希望や信仰、聖霊の力という霊的祝福です。それらをまず求める私たちでありたいものです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 11:12| 主日説教要約