2019年08月25日

説教 『完全な道』

2019年8月25日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
詩編101編1〜8節
ダビデの詩。賛歌。
慈しみと裁きをわたしは歌い
主よ、あなたに向かって、ほめ歌います。
完全な道について解き明かします。
いつ、あなたは
わたしを訪れてくださるのでしょうか。
わたしは家にあって
無垢な心をもって行き来します。
卑しいことを目の前に置かず
背く者の行いを憎み
まつわりつくことを許さず
曲がった心を退け
悪を知ることはありません。
隠れて友をそしる者を滅ぼし
傲慢な目、驕る心を持つ者を許しません。
わたしはこの地の信頼のおける人々に目を留め
わたしと共に座に着かせ
完全な道を歩く人を、わたしに仕えさせます。
わたしの家においては
人を欺く者を座に着かせず
偽って語る者をわたしの目の前に立たせません。
朝ごとに、わたしはこの地の逆らう者を滅ぼし
悪を行う者をことごとく、主の都から断ちます。


 詩人は「完全な道について解き明かします」と語りかけます。そして断言するように、「完全な道」を歩くことを誓ってゆきます、「卑しいことを目の前に置かず、背く者の行いを憎み、まつわりつくことを許さず、曲がった心を退け、悪を知ることはありません」と。そこに力強さを感じて、「なぜ迷いなく、将来完璧に生きると誓えるのだろう」と思ったのです。

 それは冒頭の、「慈しみと裁きをわたしは歌う」という御言葉に関連があるでしょう。聖書の「慈しみ」とは、「受けるに値しない者たちに与えられる神の恵み」です。「お前が受け取るなんて考えられないと言われる者へ、しかしなお与える側の一方的な決心によって、相応しくない者へ与えられる恵み」ということなのです。神様は、ご自分に背く輩に駆け寄るように近寄いて、爪はじき者を選び取るようにして、恵みを与えて下さるのです。それは、実に「罪人に向けられた恩寵」なのです。

 その「慈しみ」は、困窮している者を目掛けて来ます。だからです、「完全な道を歩みたい」と踏み出して、でも上手く生きられずに、「ああ、また失敗した」と嘆く者に、嘆くと同時にその虚しさの空洞に、神の慈しみは突入して来てくださるのです。

 詩人が願った「慈しみ」は、既に到来しました。イエス様が私どもを目掛けて降誕して下されたからです。つまり、「慈しみ」はあなたを訪れたのです。それはまたキリスト者は、いま「完全な道」の上に、立っているということです。「私は道であり、命である」と言われた主が、完全な道なのですから。その主が私どもの内に満ちている。だから内なるイエス様に、ただ依りすがって立てば良い。自分の力を見るんじゃない、自分の誠実さとか自分の決心を見るのじゃなく、ただ主を見上げるなら、そこでだけ、「完全な道」に立っていると、信じられるのです。目覚めて歩むのです。そうやって、完全な道に立ち続けようではありませんか。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 13:38| 主日説教要約