2019年07月14日

創立71周年記念日礼拝説教 『だから、あなたがたは行け』

2019年7月14日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
マタイによる福音書28章16〜20節
さて、十一人の弟子たちはガリラヤに行き、イエスが指示しておかれた山に登った。そして、イエスに会い、ひれ伏した。しかし、疑う者もいた。イエスは、近寄って来て言われた。「わたしは天と地の一切の権能を授かっている。だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」


 弟子たちの前にご復活の主イエスが立たれたにもかかわらず、半信半疑になる。もう主の弟子集団だなんて胸を張れない、ほころびだらけの集まりになっていました。そんな彼らに、イエス様が近付いて言われたのが、「すべての民をわたしの弟子にしなさい」という大伝道命令だったのです。

 彼らがここで、イエス様にどんな返事をしたのかは記されていません。でも私は、「そんなこと、とても無理です」と答えたとしか思えないのです。そういう伝道命令って何なのか、思いあぐねていました。「こんなイエス様の計画は、弟子たちの誰一人として自分では思いもつかなかった事だったはずで」とか、「こんな計画は彼らの自分の内側には欠片もなかったのに」と・・・、そう思った瞬間でした。ハッと気付かされたのです。弟子たちは、自分の能力の範囲内で出来ることを計画したんじゃないんです。彼らは、自分の外から来た、つまり天から来た神の計画に、触れたのです。皆さん、自分の知らない世界、神が打ち拓く世界への入り口は、自分の中にはありません。それは、自分の外から来るのです。もしも神の恵みの世界、神の祝福の広き世界に入りたいのなら、神の御声、主の御言葉に聞く以外にありません。そして、それが自分の中に届けられたとき、どんなに不可能に思えても、無理だと言いたくても、人間の天秤によって計るのではなく、「主の御言葉ですから」と踏み出す時に、私どもは人間が計画する小さな幸いの外へと、連れ出されるのです。

 それも、十字架のイエス様の姿を見詰めた弟子たちだからこそ、分かったことがあります。それは、「この命令を告げる方は、罪人を赦すことのできる神の権能を持っておられる方だ」と。

 私どもは創立71年目に立っています。私どもが信じて出掛ければ、そこに神の救いの計画が実現して行くのです。主が「だから、あなたがたは行け」と招いておられるのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 14:45| 主日説教要約