2019年05月26日

説教 『聖霊に満たされることを願って』

2019年5月26日の礼拝
日本基督教団韓国派遣宣教者、長老会神学大学校助教授 ナグネ牧師

創世記11章1〜9節
世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた。東の方から移動してきた人々は、シンアルの地に平野を見つけ、そこに住み着いた。彼らは、「れんがを作り、それをよく焼こう」と話し合った。石の代わりにれんがを、しっくいの代わりにアスファルトを用いた。彼らは、「さあ、天まで届く塔のある町を建て、有名になろう。そして、全地に散らされることのないようにしよう」と言った。主は降って来て、人の子らが建てた、塔のあるこの町を見て、言われた。「彼らは一つの民で、皆一つの言葉を話しているから、このようなことをし始めたのだ。これでは、彼らが何を企てても、妨げることはできない。我々は降って行って、直ちに彼らの言葉を混乱させ、互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまおう。」主は彼らをそこから全地に散らされたので、彼らはこの町の建設をやめた。こういうわけで、この町の名はバベルと呼ばれた。主がそこで全地の言葉を混乱(バラル)させ、また、主がそこから彼らを全地に散らされたからである。

使徒言行録2章1〜13節
五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいたが、この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉が話されているのを聞いて、あっけにとられてしまった。人々は驚き怪しんで言った。「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。わたしたちの中には、パルティア、メディア、エラムからの者がおり、また、メソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントス、アジア、フリギア、パンフィリア、エジプト、キレネに接するリビア地方などに住む者もいる。また、ローマから来て滞在中の者、ユダヤ人もいれば、ユダヤ教への改宗者もおり、クレタ、アラビアから来た者もいるのに、彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは。」人々は皆驚き、とまどい、「いったい、これはどういうことなのか」と互いに言った。しかし、「あの人たちは、新しいぶどう酒に酔っているのだ」と言って、あざける者もいた。


 私達は言葉を用います。相手との意思疎通も言葉無しにはできません。しかし、その言葉を用いて争いが起こります。誤解が生じます。なぜでしょうか。それは愛が欠けているからです。バベルの塔の物語はなぜお互いが良く理解できなくなったのかを教えてくれます。それは人が他人よりも、神よりも優位に立とうとしたからです。常に自分が正しく、相手は間違っていると考えています。だからお互いを理解できません。

 しかし、聖霊が降った時、人々は異なる言葉で語りました。それは相手に理解できる言葉、愛の言葉でした。それが聖霊の働きです。だから神の霊が必要なのです。この聖霊の言葉を聞いた人々は天下のあらゆる国の人々でした。その人たちが揃って、「私たちの言葉」と告白できるほどの言葉でした。聖霊に満たされた人は自分を捨て、相手の言葉を探し求めます。それは相手を思いやる心、愛の心です。人間の自己神化を打ち砕くのが聖霊の力です。

 霊に満たされた人々は、言葉は異なっても、同じことを語りました。それは、イエス・キリストの証言です。イエスがキリストであると語る人々の集まりが教会であり、海外宣教は初めの教会からの御業でした。宣教とは自分の外に出ていく愛の行為です。聖霊に満たされると福音を伝えたくなる。伝えずにはいられなくなる。霊に満たされる時、愛に満たされます。愛することは、人間の努力ではできません。神の力が必要です。だから愛の霊である聖霊を求めて生きていくのです。

posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| 主日説教要約