2019年05月12日

母の日の礼拝説教 「最初の約束」

2019年5月12日
相模原教会牧師 辻川篤
エフェソの信徒への手紙6章1〜3節
子供たち、主に結ばれている者として両親に従いなさい。それは正しいことです。「父と母を敬いなさい。」これは約束を伴う最初の掟です。「そうすれば、あなたは幸福になり、地上で長く生きることができる」という約束です。


 天におられて相応しい神が、私どもの救い主となるために、地上に降誕されました。そのお姿は、よりによって息子の姿であられたのです。

 その親でいてくださる御父が、どういう思いを持っておられたお方か、十字架を見上げる時にハッキリ分かります。人間を救うために天の親がされたことは、息子イエスを犠牲にすることでした。その日、息子が十字架に架けられるのを、御父は黙って見ておられたのです。どれほどの苦しみだったろうかと思います。この日、我が子を人間の罪の救いのために死なせる御父の呻きが、天に響いていたのです。その呻きを、息子であるイエス様もご自分と一体のようにして分かっておられたから、十字架に架けられる直前「御心のままに」と祈られたのではないですか。さらに、いよいよ十字架の上で息を引き取られる時、「神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂け、地震が起こり、岩が避けた」(マタイ27章)とある。御子だけが苦しみ悶えたのじゃない。父なる御神の苦しみを映すかのように、天も大地も、悶え苦しんだのです。改めてそう気付かされて、その上で今朝の御言葉を聞き直して分かったことがありました。それは、「父と母と敬いなさい。これは最初の約束」と言われていることは、「御父と御子を見詰めたら、天の父と御子の結びつきがどんなに貴いか分かるだろ。そのあなたなら、あなただから、御心によって縁組された地上の親子の間で、あなたも愛という絆において生きられる」と告げられていたということなのです。

 母の日の今朝、「父と母を敬いなさい」という戒めを、「これは最初の約束だ」と告げる中で聞きました。御父と御子との貴い結びつきが分かるからこそ、私どもの両親との関係も、そこに添わせるものとならせて頂きたいと歩みだすのです。そうやってこの御言葉に自分の歩みを合わせた日々に、必ず神様の祝福もあるのですから。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 14:42| 主日説教要約