2019年03月24日

説教 『新しいものと古いものを』

2019年3月24日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
マタイによる福音書13章51〜52節
「あなたがたは、これらのことがみな分かったか。」弟子たちは、「分かりました」と言った。そこで、イエスは言われた。「だから、天の国のことを学んだ学者は皆、自分の倉から新しいものと古いものを取り出す一家の主人に似ている。」


 イエス様は、「あなたという倉の中から、新しいものと古いものを取り出して生きよ」と言われます。この「古いもの」とは律法に生きることですし、「新しいもの」とはキリストに結ばれて福音に生きることでしょう。でもここで主は「新しいものか、古いものかを取り出す」とは言われないで、「新しいものと、古いものを取り出す」と言われたのです。両方一緒じゃないといけないということです。

 旧約の創世記には、人が神様に「特別に愛するあなた」として造られたことが記されています。それなのに人間は、「神無しで生きられる。あなた無しでやりたいんです。私が、私の神となる」と神様の御思いを裏切ったのです。その後の歴史の途中で、なお神様は人に寄り添おうとして「立ち帰れ。こう生きよ」と示す律法を下さったのに、その一つも守れない。そんな人間は、掟である律法に照らされたら、当然、有罪判決しかなくて…。それなのにです、真の親である天の父の御心は、「罪人よ、しかしなお、あなたを愛している」という御心を貫いて下さって、人の罪を、独り子イエスに代わって償わせたのではないですか。人は律法によっては確かに、誰も逃れようもなく有罪となります。でも、最終的に「有罪」をひっくり返してまでも、神ご自身による最高裁判決が宣言されたのです。私どもは赦されたのです。

 旧約と新約の両方が無かったら、人間がどんなに罪深いものなのか、しかしそんな者なのに天の父の「にもかかわらず」という御心が貫かれたことが分からなくなる。古いものと新しいもの、律法と十字架を通してこそ、私どもはハッキリと悟らされる、「私どもの罪深さを打ち砕いて、神の愛が勝った」ということがです。
そこに喜びが生まれたら、それを大事な隣人にも伝えたいではないですか。届けるためには、ただ「新しいものと古いものを」語れば良い。それがキリスト者なのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 14:57| 主日説教要約