2019年02月24日

説教『この方の豊かさの中から』

2019年2月24日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
ヨハネによる福音書1章15〜17節
「ヨハネは、この方について証しをし、声を張り上げて言った。「『わたしの後から来られる方は、わたしより優れている。わたしよりも先におられたからである』とわたしが言ったのは、この方のことである。」わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた。律法はモーセを通して与えられたが、恵みと真理はイエス・キリストを通して現れたからである。


 「この方の(イエス様)満ち溢れる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた」16節。この「恵み」って何だと思われますか?直訳は「恵みの/代わりに/恵みを/受けた」です。つまり恵みは、古いものから新しいものに一新されたということです。律法を厳守した人がご褒美のように与えられる恵みが、古い恵みです。でも誰もが、神様が「こう生きよ」と言われているのに、「はいはい」と生返事で、自分の都合に合わせて御言葉を削ったり、変えたりして、やりたい放題で生きて来た。そんな人間を、神様が怒られないはずがないではないですか。それは私どもにぶつけられねばならないはずだった。それなのに神様は、事もあろうか、ご自分の御子に全部ぶつけられたのですよね。その怒りの激しさゆえに、御子イエス様は、神の怒りに打たれて死なねばならなかったのです。それが十字架の出来事だったのではないですか。そしてそこで人は、初めて、自力ではどうやっても手にできなかった、救いの恵み受け取ったのです。
 そこから、そこからだけ、あらゆる恵みも流れ込みます。神様からの恵みを受け取ることを阻む壁が、もう取り払われたからです。十字架の恵みを信じたら、誰でも、イエス様からの具体的な恵みの受取人ともされるのです。
 誰の人生にも長い日々の中には苦しみがあり、悩みだっていっぱいある。病がある。「どうして私が、私だけが」と思う理不尽なこともあるでしょう。さらに繰り返してしまう自分の罪がある。そういう人々に、今朝御言葉は告げるのです「あなたは呻くだろう、それは分かる。しかしあなたよ、辛いという言葉が、キリスト者の最後の言葉ではない。あなたも主イエスの満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けたから。あなたは、新しい恵みの受取人なのだよ。だからあなたの最後の言葉は、『苦しみはある、しかし私は、新しい恵みの中にいる』と言って良いのだ」と。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 18:48| 主日説教要約