2019年02月03日

説教 『天の国を見つけた人』

2019年2月3日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
マタイによる福音書13章44〜46節
「天の国は次のようにたとえられる。畑に宝が隠されている。見つけた人は、そのまま隠しておき、喜びながら帰り、持ち物をすっかり売り払って、その畑を買う。また、天の国は次のようにたとえられる。商人が良い真珠を探している。高価な真珠を一つ見つけると、出かけて行って持ち物をすっかり売り払い、それを買う。


 「天の国(神の恵みの支配)」は、私どもの生活で見つけることが出来るものです。でもイエス様は、それを手に入れるには「持ち物をすっかり売り払って、それを買う人だ」と言われたのです。「先のことを考えたら、少しは残しておかないと」と思うのは私だけでしょうか。しかしそれでは、自分の側にまず取っておいて、「残り物」で神の恵みを戴こうとしていることです。これは御父に見られたら、「天の国」を軽んじている姿でしかない。イエス様はこの例え話をなさりながら、「あなた方は神の恵みの支配の中で暮したいと言うだろう。しかし誰も彼もが『現実的には無理だよ』と、背を向けるだろう」と。それが、自分を優先させる、人の存在の奥に潜んでいる「罪」そのものの姿であるのです。もう私どもは、「天の国」を手にすることなど叶わないのでしょうか。

 もしも、です。もしも、イエス様が仲裁人として、そこでなお「あなたが天の国を 手にして欲しい」と願って下さって、御父に執り成して下さったらです。アッと思いました。

 私どもは自分中心でいる罪人であるけれど、それでもなお、「神の恵みの支配」を手にしたい。その時まず人に必要なのは、何よりもその罪を償い切ることです。それは、私どもが持ち物を売り払ったとしても、償いに到底足りるものなんかじゃない。だから、イエス様がたったお一人で決意して下さったことは、ご自分が償いの身代わりなられることだった。それが、十字架の上で死なれたということであられたのではないですか。罪人が天の国を受け取るために必要な全ての代価は、イエス様が持てる全てを売り払って、つまり御子の位も、命をさえ捨てて、私どもの代わりに払って下さったのです。そうやってのみ「天の国」は、自分の罪の重さに失望しかけていた私どもの手に握らせていただけるものとなったのです。それは事実、私どもの手に届けられました。洗礼が、私たちを、「天の国の受け取り手」に、変えたのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 14:12| 主日説教要約