2019年01月13日

説教 『新たな力を得』

2019年1月13日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
イザヤ書40章27〜31節
ヤコブよ、なぜ言うのか
イスラエルよ、なぜ断言するのか
わたしの道は主に隠されている、と
わたしの裁きは神に忘れられた、と。
あなたは知らないのか、聞いたことはないのか。
主は、とこしえにいます神
地の果てに及ぶすべてのものの造り主。
倦むことなく、疲れることなく
その英知は究めがたい。
疲れた者に力を与え
勢いを失っている者に大きな力を与えられる。
若者も倦み、疲れ、勇士もつまずき倒れようが
主に望みをおく人は新たな力を得
鷲のように翼を張って上る。
走っても弱ることなく、歩いても疲れない。


 この時イザヤが語りかけた相手は、「私たちはこんなに苦しい生活をしているのに、神様は分かってくれない」と嘆いていた人々です。それに対してイザヤは「神様はあなたがたのことを分かっている。いやそれだけじゃない。主に望みを置く人は新たな力を得、鷲のように翼を張って上る。走っても弱ることなく、歩いても疲れない」と語りかけたのです。

 この「新たな力を得る」という「得る」という言葉は、「入れ替える」とか「良いものに交換する」という意味を持つ言葉です。つまり、自分がずっと願ってきた延長線上で、それを得るというのではないのです。自分の願って来たものと全く違うものに、交換されるということなんです。確かに神様は、私たちがどんなに苦しみ、そこでどんなことを望んで来たかも全部知っていて下さいます。でもそこで「もうだいぶ苦労して来たから、あなたの願い事をそろそろ叶えてあげよう」というようにして私どもに力を与えて下さるというのではないのです。神様は、私どもが考えもしなかったような輝く希望を、私どもの頭の中や心の中でグルグルと巡らしていた古い思いと入れ替えるとおっしゃるのです。全く新しい世界を始めるぞとおっしゃるのです。その新しい世界が、「走っても弱ることなく、歩いても疲れない」という世界なのです。

 現実に目の前にあるのは、今までと何も変わらない暗闇であるかも知れない。しかしなのです。信じるということは、神様は私の、このトンネルの中に来られるのだからアッチに行ったり、コッチに行ったりするまい、ということ。そうやって待っている私どもの現実に、神様の方から来て下さる。そこで「新たな力」を受け取るのです。そこが受け取る場所だからです。神の御業は、決して遅過ぎることはありません。だから、神様を求めることに身を潜めて、離れないで下さい。そこでいつか、自分の古い計画や思いを越えて、神の御業を喜ぶ私になっている日が来るのですから。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 16:48| 主日説教要約