2018年10月21日

説教 『パウロの労苦と苦闘の目的』

2018年10月21日の礼拝
相模原教会協力牧師 西田恵一郎
コロサイの信徒への手紙2章1〜5節
わたしが、あなたがたとラオディキアにいる人々のために、また、わたしとまだ直接顔を合わせたことのないすべての人のために、どれほど労苦して闘っているか、分かってほしい。それは、この人々が心を励まされ、愛によって結び合わされ、理解力を豊かに与えられ、神の秘められた計画であるキリストを悟るようになるためです。知恵と知識の宝はすべて、キリストの内に隠れています。わたしがこう言うのは、あなたがたが巧みな議論にだまされないようにするためです。わたしは体では離れていても、霊ではあなたがたと共にいて、あなたがたの正しい秩序と、キリストに対する固い信仰とを見て喜んでいます。

  コロサイ教会の信徒たちが「キリストに結ばれて完全な者となる」(1章28節)、また「キリストを悟る」(2章1節)ために労苦し闘っているとパウロは言います。この目的を妨げる者(物)を放置することは彼にはできませんでした。割礼、食べ物飲み物、天使礼拝に「だまされないよう」(2章8節)と戒めていますが、現代に生きる私たちにとって、これらはメディアを通して流れている情報などに隠されているかもしれません。今も昔も、問題の根源は罪にあります。神から離れたことによってもたらされた神に対する不敬、人との対立、自己の中の矛盾。そこから生まれる諸悪。この罪を解決するのに神が用いた方法が御子イエスを世に遣わし、罪を贖うことでした。異端はそれを否定します。しかし、救いの道(方法)は、御子イエス・キリストしかないのです。人は例外なく幸せな人生、充実した生を求めます。それを地位や金銭や宗教に求めます。しかし、見出すことができるのはキリストの内において、だけなのです。「知恵と知識の宝はすべてキリストの内に隠れて」(3節)いるのです。「キリストにおいて豊かな生が見出せる」(10節)のです。だから、「キリストに結ばれて歩み」(6節)たいのです。そのために、より深く祈り、より真摯に礼拝に臨み、より忠実に主に従いたいのです。祈りは神への祈願から神との対話へ、礼拝は義務から喜びへ、服従は強制から自発へ変わっていくことでしょう。それを助けるために、「愛によって結び合わされ」(2節)とあるように信徒の交わりも必要となってきます。なぜなら信仰の成長は交わりの中で育まれるからです。「我々はイエスを見くびるから姑息である。…イエスのごとき主を奉じ、これに身を托して、意気常に揚がらず喪家の狗然たるは理において有るまじき事と言わねばならぬ」(植村正久)。「すべての支配や権威の頭」であるキリストを更に求めましょう。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 16:19| 主日説教要約