2018年09月23日

説教 『再び罪に心を留めない』

2018年9月23日の霊は
相模原教会牧師 辻川篤
エレミヤ書31章27〜34節
見よ、わたしがイスラエルの家とユダの家に、人の種と動物の種を蒔く日が来る、と主は言われる。かつて、彼らを抜き、壊し、破壊し、滅ぼし、災いをもたらそうと見張っていたが、今、わたしは彼らを建て、また植えようと見張っている、と主は言われる。その日には、人々はもはや言わない。
「先祖が酸いぶどうを食べれば
子孫の歯が浮く」と。
人は自分の罪のゆえに死ぬ。だれでも酸いぶどうを食べれば、自分の歯が浮く。
見よ、わたしがイスラエルの家、ユダの家と新しい契約を結ぶ日が来る、と主は言われる。この契約は、かつてわたしが彼らの先祖の手を取ってエジプトの地から導き出したときに結んだものではない。わたしが彼らの主人であったにもかかわらず、彼らはこの契約を破った、と主は言われる。しかし、来るべき日に、わたしがイスラエルの家と結ぶ契約はこれである、と主は言われる。すなわち、わたしの律法を彼らの胸の中に授け、彼らの心にそれを記す。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。そのとき、人々は隣人どうし、兄弟どうし、「主を知れ」と言って教えることはない。彼らはすべて、小さい者も大きい者もわたしを知るからである、と主は言われる。わたしは彼らの悪を赦し、再び彼らの罪に心を留めることはない。

 バビロン捕囚の人々に、エレミヤを通して神様は「わたしは彼らを建て、また植えよう」と回復を語られます。さらに、34節「わたしは彼らの悪を赦し、再び彼らの罪に心を溜めることはない」とさえ言われたのです。そこに私はエーっと思ってしまいました。神様は「これまでの罪を赦そう」と言われているのではなくて、「これから先あなたの悪を赦したり罪を心に留めたり、そういうことはしなくても良くなるね」と言っておられるです。変ですよね。こののち人々は、本当に罪を犯すことはなくなったのですか?いいえ違います。

 全知全能の神が、この先の人間の姿を見通せなかったとでもいうのでしょうか。そんなはずはありません。34節の元々の言葉は、「悪を赦し」と「罪に心を留めない」という言葉は、単に未来のことを表す使われ方ではなくて、決意の意味も含むということです。ここを旧約学者の関根正雄は、次のように訳していました「本当に、わたしは彼らの罪を赦し、その咎をもはや思い出すことは、ない」と。私ども人間が、将来に罪を犯すことをしなくなるから、だから神様も罪を心に留めることが無くなるね、と言うんじゃないんです。たとえこの先に人が罪と過ちを重ねても、この決意は神が成就されるために、神が苦労して下さるということなのです。

 神様のこの言葉が実るのは、神ご自身の御子・イエス様によってでありました。主イエスが、全ての罪を背負って下さったから、もう償いのほうが先に終わらされたのです。私どもが罪を犯さなくなったからじゃない、私どもが自分の償いが出来たからじゃない。ただ神の側からの救いの御業のゆえに、今はもう天の御父の目から見たら、「再び罪に心を留めることはない」ということが、あなたに実現しているのです。だからその神の御心に、本気で心を添わせて生き始めるべきではないでしょうか。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 13:09| 主日説教要約