2018年08月27日

説教 『御子イエス・キリスト』

2018年8月26日の礼拝
相模原教会協力牧師 西田恵一郎
コロサイの信徒への手紙1章9〜23節
こういうわけで、そのことを聞いたときから、わたしたちは、絶えずあなたがたのために祈り、願っています。どうか、“霊”によるあらゆる知恵と理解によって、神の御心を十分悟り、すべての点で主に喜ばれるように主に従って歩み、あらゆる善い業を行って実を結び、神をますます深く知るように。そして、神の栄光の力に従い、あらゆる力によって強められ、どんなことも根気強く耐え忍ぶように。喜びをもって、光の中にある聖なる者たちの相続分に、あなたがたがあずかれるようにしてくださった御父に感謝するように。御父は、わたしたちを闇の力から救い出して、その愛する御子の支配下に移してくださいました。わたしたちは、この御子によって、贖い、すなわち罪の赦しを得ているのです。御子は、見えない神の姿であり、すべてのものが造られる前に生まれた方です。天にあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、王座も主権も、支配も権威も、万物は御子において造られたからです。つまり、万物は御子によって、御子のために造られました。御子はすべてのものよりも先におられ、すべてのものは御子によって支えられています。また、御子はその体である教会の頭です。御子は初めの者、死者の中から最初に生まれた方です。こうして、すべてのことにおいて第一の者となられたのです。神は、御心のままに、満ちあふれるものを余すところなく御子の内に宿らせ、その十字架の血によって平和を打ち立て、地にあるものであれ、天にあるものであれ、万物をただ御子によって、御自分と和解させられました。あなたがたは、以前は神から離れ、悪い行いによって心の中で神に敵対していました。しかし今や、神は御子の肉の体において、その死によってあなたがたと和解し、御自身の前に聖なる者、きずのない者、とがめるところのない者としてくださいました。ただ、揺るぐことなく信仰に踏みとどまり、あなたがたが聞いた福音の希望から離れてはなりません。この福音は、世界中至るところの人々に宣べ伝えられており、わたしパウロは、それに仕える者とされました。


  小アジア(現トルコ)の一都市コロサイの教会に宛てたパウロによる手紙です。この教会は、彼の同労者エパフラスによって牧されておりました。手紙の冒頭でパウロが信徒たちの信仰と愛における交わりに感謝の気持ちを表しているように、教会は健全な成長を遂げていたようです。しかし、異端思想が侵入しているとの報告を耳にし、福音の正しい理解に立った信仰生活と教会形成を進めるようパウロは励まします。

 この異端を特定するのは困難ですが、天使礼拝・律法主義・神秘主義など様々な要素が入り交じっていることから推し量ると、「イエスのみ」による救いは不十分であり、プラスアルファが必要であると説いていたようです。そこで、パウロは13〜20節の間で12回も「御子」という言葉を繰り返し用いながら、イエスがいかなるお方かを説明し、救いは「イエスのみ」によることを確認します。御子は「神の姿」、神と共に創造された方、すべてを支える方、教会の頭、和解する方、すべてにおいて第一の方と説くことにより、「イエスのみ」の信仰に立つよう勧めます。「ただ、揺るぐことなく信仰に踏みとどまり、あなたがたが聞いた福音の希望から離れてはなりません」(23節a)がこの手紙のテーマです。

 かつて奴隷貿易に関わり、後に牧師となったジョン・ニュートンは彼が作詞した讃美歌(How sweet the name of Jesus Christ sounds)の一節をJesusはいかなる方であるかのみで綴っています。「イエス、私の羊飼い、兄弟、友、私の預言者、祭司、そして王。私の主、私の命、私の道、私の存在理由。私の捧げる賛美をお受け下さい」。「イエスのみ」で十分ではないでしょうか。いえ、イエスの他に救いはないのです。この方のみに賛美を捧げ、忠誠を誓い、御心のままに福音を伝え、福音に生きる者として頂きましょう。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 09:21| 主日説教要約