2018年06月24日

説教 『蒔く人に種を与える方』

2018年6月24日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
コリントの信徒への手紙二 9章6〜15節
つまり、こういうことです。惜しんでわずかしか種を蒔かない者は、刈り入れもわずかで、惜しまず豊かに蒔く人は、刈り入れも豊かなのです。各自、不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりにしなさい。喜んで与える人を神は愛してくださるからです。神は、あなたがたがいつもすべての点ですべてのものに十分で、あらゆる善い業に満ちあふれるように、あらゆる恵みをあなたがたに満ちあふれさせることがおできになります。「彼は惜しみなく分け与え、貧しい人に施した。彼の慈しみは永遠に続く」と書いてあるとおりです。種を蒔く人に種を与え、パンを糧としてお与えになる方は、あなたがたに種を与えて、それを増やし、あなたがたの慈しみが結ぶ実を成長させてくださいます。あなたがたはすべてのことに富む者とされて惜しまず施すようになり、その施しは、わたしたちを通じて神に対する感謝の念を引き出します。なぜなら、この奉仕の働きは、聖なる者たちの不足しているものを補うばかりでなく、神に対する多くの感謝を通してますます盛んになるからです。この奉仕の業が実際に行われた結果として、彼らは、あなたがたがキリストの福音を従順に公言していること、また、自分たちや他のすべての人々に惜しまず施しを分けてくれることで、神をほめたたえます。更に、彼らはあなたがたに与えられた神のこの上なくすばらしい恵みを見て、あなたがたを慕い、あなたがたのために祈るのです。言葉では言い尽くせない贈り物について神に感謝します。

 人は、人を想うことが出来る! そこに、「わたしも人のために」という思いが生まれて来るのだと思います。でも実はそこで、不思議なのですが、初めは「無償でしてあげたい」と思っていたはずなのです。それなのにその心のどこかに、なぜか見返りを求めている自分が居ることに気付く。「有り難う」という小さな一言で良いんです。でももしそれがなかったら、「あら。」と思ってしまう自分がいる。「ただ人のためになりたい」と始めた、愛する種蒔きであるはずなのにです。

 何故そんなことになるのでしょうか。きっとそれは、人にしてあげる時、自分の手の中にどれだけのものがあるか数えていて、これだけなら人に与えても大丈夫かなと計算している。そういう与え方というのは、手の中に減った分を見詰めるということでもあります。減った分が気になるということです。そこに、減った分を埋めたいという思いも当然起こって来るということであります。その埋めるものが「有り難う、素晴らしい働きね」という一言だったりするのです。

 コリントの人々は、エルサレム教会を想って募金を始めていました。その人々に向けてパウロが、農夫の例え話をしたのです。大人の農夫なら、若者たちにも伝えたでしょう「お前たち、バーッと思いっきり蒔くんだぞ。手の中に残すことなんて気にするな。何も心配しないで良い。必ずお前たちの手の中には、将来多くの実りによって、余りある種をまた入れてもらえるのだから」と。経験豊かな農夫が、そのように言い切れるのは、実りの「仕組み」を知っていた訳ではありません。彼は、豊かに種を与え続けて下さる「お方」を知っていたのです。10節、「種を蒔く人に種を与え、パンを糧としてお与えになる方は、あなた方に種を与えて、それを増やし、あなたがたの慈しみが結ぶ実を、成長させてくださいます」と。

 私どもも「人のために」と生きてみたいと願います。それは、私どもの傍にも、大切な人がいるからじゃないですか。そういう私どもが、自分の手の中にあるもの捕らわれずに、愛するという種を蒔き続ける人になれるのは、「種を蒔く人に種をお与えになるお方を、見詰めて歩かせていただく」、ただそこにおいてです。そのお方と一緒に歩き出せたなら、そのとき自分が持っている愛するという種が、どれ程の大きさか小ささかさえも気にしなくて良くなる。必要があるなら、神が何時でも何でも与えて、私どもの手に握らせて下さると信じることが出来るからです。

 愛するという種を蒔いて下さい。蒔き切って下さい。バーッと蒔いて下さい。それでもなおそのあなたには、種を与えるお方が共におられるのですから。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 13:53| 主日説教要約