2018年05月20日

ペンテコステ礼拝説教 『賜物として聖霊を受ける』

2018年5月20日の礼拝(聖霊降臨日)
相模原教会牧師 辻川篤
使徒言行録2章36〜42節
「だから、イスラエルの全家は、はっきり知らなくてはなりません。あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、またメシアとなさったのです。」人々はこれを聞いて大いに心を打たれ、ペトロとほかの使徒たちに、「兄弟たち、わたしたちはどうしたらよいのですか」と言った。すると、ペトロは彼らに言った。「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。この約束は、あなたがたにも、あなたがたの子供にも、遠くにいるすべての人にも、つまり、わたしたちの神である主が招いてくださる者ならだれにでも、与えられているものなのです。」ペトロは、このほかにもいろいろ話をして、力強く証しをし、「邪悪なこの時代から救われなさい」と勧めていた。ペトロの言葉を受け入れた人々は洗礼を受け、その日に三千人ほどが仲間に加わった。彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった。

 神様は人を愛し抜かれる、どこまでも。しかし人間は自分のことしか考えない、どこまでも。そういう神の思いと、人間の自己中心の思いが、イエス様を挟んで、十字架という出来事を起こしたのです。そのことを、ペトロがハッキリと群衆に宣告しました。その時でした、人々はペトロの説教に「わたしたちはどうしたらよいのですか」という戸惑いの言葉が飛び出したのです。「取り返しのつかないことをしてしまった」と気付いたからです。その人々にペトロは語ります。それは、赦されることへの道標のような言葉でした。つまり、悔い改めるんだよ、洗礼を受けるんだよ、赦していただけるからと。でもそれで終わらない。そこに「そうすれば、賜物として聖霊を受けます」と加えたのです。

 聖霊を受ける前まで、彼らは自分たちがキリストの側に着く者であることを、周りに知られることを恐れていました。だから家の中に閉じ篭って、キリスト者であることが分からないように隠れて、身内のキリスト者の中だけで祈っていたのです。外では祈らないのです、祈れないのです、周りの目が恐かったからです。その彼らに聖霊が降った時、それまでの彼らの姿とは一遍するのです。一人ひとりが群衆の前に出て、「私はキリストの側に立つ者です」と語り出したのです。

 自分たちがイエス様を殺したんだと分かった彼ら。赦してもらいたかった、でもそれをさえ言えず、憶病に囚われていた彼ら。そんな彼らに、しかし神様が彼らを助ける助け手を、聖霊を送って下さったのです。その時にハッと気づけたのです「そうだ、私が死ぬべき身代わりに、私が赦されるために、イエス様は十字架で身代わりに死なれた。あの出来事は、私のためだったのだ」と。それも「私はそれほどに、天の父に愛され続けた存在なのだ!」と分からせていただいた。そこで“世界で一番頑固な自分”という存在が、変えられたのです。これが聖霊の働きなのです。「私はこんなに愚かなのに、なおその私は神様に愛されるために生きている存在だ」と分かることが、聖霊の働きで起こることなのです。私どもにとっても同じです。世界一自己中心な私、それでも神様は「どんなに時をかけても、私はあなたを求め続ける。お前が愛されていると分かるまで」と、語り続けておられるのです。

 そのことに聖霊によって気付かされた弟子たちが、そこで、「天の父に愛されている私として生きたい」と歩み出した。そこに群衆に語る言葉も生まれたのです「あなたも洗礼を受けなさい、賜物としての聖霊を受けなさい」と。それは「あなたも天の父から、お前は貴い私の宝、愛していると言われていると分からせていただいて生きるんだ」ということであったのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 17:07| 主日説教要約