2018年03月04日

説教 『主の栄光を現わすことと募金の業と』

2018年3月4日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
コリントの信徒への手紙二8章16〜21節
あなたがたに対してわたしたちが抱いているのと同じ熱心を、テトスの心にも抱かせてくださった神に感謝します。彼はわたしたちの勧告を受け入れ、ますます熱心に、自ら進んでそちらに赴こうとしているからです。わたしたちは一人の兄弟を同伴させます。福音のことで至るところの教会で評判の高い人です。そればかりではありません。彼はわたしたちの同伴者として諸教会から任命されたのです。それは、主御自身の栄光と自分たちの熱意を現すようにわたしたちが奉仕している、この慈善の業に加わるためでした。わたしたちは、自分が奉仕しているこの惜しまず提供された募金について、だれからも非難されないようにしています。わたしたちは、主の前だけではなく、人の前でも公明正大にふるまうように心がけています。


 献金は、お金を扱うことです。お金のことって、この世の話で、礼拝で聞く話じゃないと思われるかも知れない。しかしそんな常識を破るように、聖書はお金の話と、信仰の話を重ね合わせて来るのです。

 そんな献金の業のことを、新共同訳聖書は、19節で「慈善の業」と訳していましたが、これは聖書の元のギリシャ語では「カリス」となります。「カリス」とは「恵み」「贈り物」という意味がある言葉です。ですから「慈善の業(カリス)」が、パウロにとっては、「神の恵みの業に加わっている、そういう思いで献金の業をしているのだ」ということなのです。さらにこの「カリス」という意味は、人間から神様に向けた「感謝」という意味もある。つまり神様から「贈り物を届けるよ」と御業を差し出された時、私どもが「あなたからの恵みを(カリスを)、ちゃんと受け取りました。感謝です(カリスです)」と応答する。そういう含みを、この「カリス」という一言が持っているのです。

 天の御父からの贈り物は破格の恵みです。私のために、天の父は御子の命を与えて下さったのです。それを思う受難節を過ごしています。だからこそ改めて思うのは「本当に有り難うございます。そう言ってちゃんと受け取りたい。知らん顔してプイと背を向けるんじゃない、ゴミ箱に捨ててしまう事にしないで、本当に嬉しく受け取って感謝を示したい」と。そう思う私どもに、聖書は告げてくれます。「神様への感謝(カリス)は、あなたの手の中にある慈善の業(カリス)で、具体的に現わすことが出来るんだよ」と。

 私どもの誰の手にも、大人にも子どもにだって手に持てる物。一番身近にある物、それがお金です。高価なダイヤモンドではないんです。限られた人しか持てないような、金庫の奥にしまってあるお宝ではないんです。小学生だって、小さな手に握りしめることが出来るのがお金です。そのような地上の物が、神様からの恵みを、ああ嬉しいと心から現わす感謝とすることが出来る。言葉に表せないほどの感謝を、手の中にあるお金が現わしてくれるのだというのです。

 主なる神が称えられる。主御自身の栄光が、私どもによって現わされる。私のような貧しい者のこの世の生活においてです。それも、この世の物品である、お金という物が、「これは感謝です、あなたの恵みへの応答です」と献げられるなら、その手の中にある献金(カリス)を、私どもの側からの感謝(カリス)として、神様は受け取って下さるのです。そこに、主なる神の喜びも溢れる。そうやって主御自身の栄光が、私どもによって現わされるのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 16:12| 主日説教要約