2017年12月18日

説教 『この人であった』

2017年12月17日の礼拝
相模原教会協力牧師 西田恵一郎

イザヤ書53章11〜12節
彼は自らの苦しみの実りを見
それを知って満足する。
わたしの僕は、多くの人が正しい者とされるために
彼らの罪を自ら負った。
それゆえ、わたしは多くの人を彼の取り分とし
彼は戦利品としておびただしい人を受ける。
彼が自らをなげうち、死んで
罪人のひとりに数えられたからだ。
多くの人の過ちを担い
背いた者のために執り成しをしたのは
この人であった。


 日本人の四分の一以上がクリスマスは何を祝う日か知らないとも言われています。ChristmasはChrist+mass(キリストのミサ)つまりキリストを礼拝する時です。クリスマスからキリストを取ってしまったら、ただのMass(集団・かたまり)になってしまいます。集団で騒いで終わらせるには、あまりにもったいないクリスマス。そうならないためには、クリスマスの中心であるキリストとはどういうお方かを知る必要があります。ヨハネ福音書一章には「言」(キリスト)は初めに神と共にあり、万物は「言」(キリスト)によって成ったと記されています。キリストは神・創造主だったのです。そうでありながら、「僕の身分になり、人間と同じものになられました」(フィリピ二章七節)とあり、Uコリント八章では「主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた」と表現されています。これが受肉(神が人となられた)です。

 その目的は一、「(人に)神の子となる資格を与える」(ヨハネ一章一二節)ため、二、「(人が)豊かになるため」(Uコリント八章九節)ため、三、「(人が)自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払う」(フィリピ二章四節)ようになるためでした。三つの関係(神との関係・自分との関係・他者との関係)の分裂を修復するためと言い換えることができるかもしれません。このために遣わされる「彼」(イエス・キリスト)の到来が、「彼」の誕生の五百年以上も前にイザヤ書五三章に預言されていたのです。

 何がそうさせたか…。「(神の)愛がそうさせた」(グァルディニ)のです。「現代の私たちは、知性によって捉えられたものを絶対視して生きている。その結果、知性を介すると捉えられなくなってしまうものをつかむことが苦手になった」(内山節)。神の愛は知性をも感性をも超えているのでしょう。ですから、信仰によって受け入れるしかないのです。「たとえ、キリストが千度ベツレヘムで生まれたとしても、あなたの心の中に生まれていないならば、それはむなしい」(アンゲルス・シレシウス)。今年のクリスマスがキリスト不在ではなく、中心におられるChrist+masでありますよう。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 07:54| 主日説教要約