2017年11月20日

説教 『何を信じるかではなく、誰を信じるか』

2017年11月19日の礼拝
相模原教会協力牧師 西田恵一郎

テモテへの手紙二 1章8〜14節
だから、わたしたちの主を証しすることも、わたしが主の囚人であることも恥じてはなりません。むしろ、神の力に支えられて、福音のためにわたしと共に苦しみを忍んでください。神がわたしたちを救い、聖なる招きによって呼び出してくださったのは、わたしたちの行いによるのではなく、御自身の計画と恵みによるのです。この恵みは、永遠の昔にキリスト・イエスにおいてわたしたちのために与えられ、今や、わたしたちの救い主キリスト・イエスの出現によって明らかにされたものです。キリストは死を滅ぼし、福音を通して不滅の命を現してくださいました。この福音のために、わたしは宣教者、使徒、教師に任命されました。そのために、わたしはこのように苦しみを受けているのですが、それを恥じていません。というのは、わたしは自分が信頼している方を知っており、わたしにゆだねられているものを、その方がかの日まで守ることがおできになると確信しているからです。キリスト・イエスによって与えられる信仰と愛をもって、わたしから聞いた健全な言葉を手本としなさい。あなたにゆだねられている良いものを、わたしたちの内に住まわれる聖霊によって守りなさい。


 パウロからテモテへの二通目の手紙は激励の手紙です。一通目よりもより個人的で、パウロの遺言といえます。激励の常套句には「頑張って」や「大丈夫」がありますが、これらは使い方次第では、とても他人行儀で無責任な言葉になり兼ねません。そうならないためには、しっかりとした根拠が必要です。パウロはテモテに「頑張れ」「大丈夫」と言ったかもしれませんが、彼には根拠がありました。根拠は神と自分自身とテモテにありました。神は「(わたしたちを)救い、呼び出し」(九節)、「死を滅ぼし、不滅の命を現し」(一〇節)、「力と愛と思慮分別の霊をくださった」(七節)方です。このお方の計画と恵みによってテモテは今あるのです。テモテの師、パウロ、は「(神に)任命され」(一一節)、「苦しみを恥じていません」(一二節)、「(神を)知っており、確信して」(一二節)います。彼の知識と確信は経験に裏づけられていました。テモテはパウロに愛されており(三、四節)、彼の信仰は代々宿ったものであり(五節)、神の救い・呼び出し・死の滅ぼし不滅の命の顕現・霊の授与も「わたしたち」― 自分(パウロ)だけでなく、テモテも ― へのものでもありました。ところが、十四節の「ゆだねられた良いもの」だけが「あなた」―テモテ個人―へのものでした。彼だけに独自に神からゆだねられた何かがあったのです。私たちにもその独自の「何か」があるのです。それを「守る」(十四節)ように勧められていますが、自力で可能なことではありません。それを知るパウロは「聖霊によって守りなさい」(十四節)と加えています。聖霊に支えられながら、祈り、御言葉を読み、交わり、働くのです。パウロの激励の言葉は「再び燃え立たせなさい」(六節)に集約されています。私たちの信仰の炎は弱まります。弱さを抱えているのが人間ですから。そこで、賜物などの良きものも、思い患いなどの喜ばしくないものも、すべてを丸ごと神にゆだねるのです。そこから「再び燃え立たせる」聖霊による神の業が再開され、信仰の炎は再燃するのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 15:31| 主日説教要約