2017年10月22日

説教 『立ち上がって実行せよ。主が共にいてくださる』

2017年10月22日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤

歴代誌上22章11〜16節
わたしの子よ、今こそ主が共にいてくださり、あなたについて告げられたとおり、あなたの神、主の神殿の建築を成し遂げることができるように。 賢明に判断し識別する力を主があなたに与え、イスラエルの統治を託してくださり、あなたの神、主の律法を守らせてくださるように。あなたは、主がイスラエルのために、モーセにお授けになった掟と法を行うよう心掛けるなら、そのとき成し遂げることができる。勇気をもて。雄々しくあれ。恐れてはならない。おじけてはならない。見よ、わたしは苦労して主の神殿のために金十万キカル、銀百万キカルを準備した。青銅も鉄もおびただしくて量りきれない。材木も石材も準備した。更に増し加えるがよい。あなたのもとには多くの職人、採石労働者、石工、大工、あらゆる分野のあらゆる達人がおり、金、銀、青銅、鉄も数えきれない。立ち上がって実行せよ。主が共にいてくださるように。


 ダビデは息子ソロモンに、11節「今こそ主が共にいてくださり…主の神殿の建築を成し遂げることができるように」と告げ、続けて「勇気を持て。雄々しくあれ」と励まし、さらに最後に、16節「立ち上がって実行せよ。主が共にいてくださるように」と締め括ります。若いソロモンにとって、彼の経験では中身が把握できないような大事業・神殿建築です。でもそれをダビデは「主が共にいて下さる」という言葉でサンドイッチしたのです。たとえ未熟でも「これは主が共にいて下さる恵みの事業なんだ」と直感できるためでした。

 そういう今朝の御言葉を聞いた時にです。ふと思ったことがありました。それは、私どもは何となく「主が共にいてくださる」という御言葉を聞いて、「ああ良かった、有難や」と安心し切って、そこで立ち止まって、ちっとも立ち上がろうとしないという事をしてしまうんじゃないでしょうか。でも神様がダビデの口を通してソロモンを招かれた時、「わたしが共にいる」ということと「立ち上がって実行せよ」ということとは、分け難く結びついているのです。「神の計画が成就されるために、残されたことが一つある。あなたが立ち上がって実行することだ」ということなんです。つまり、神様が共にいて下さるという場所は、私どもが決めようとする小さな世界じゃないからです。私どもの手に中に入るだけの小さな世界の、外に、神の御計画の世界があるからです。

 神の御心のままに、御計画の方へと立ち上がることを、最も厳しい状況の中でなさったお方は神の御子イエス様です。イエス様は、目の前に十字架に掛けられて死ぬことが待っている。その重さを分かりつつ、ゲッセマネの園で「しかし、わたしの願い通りではなく、御心のままに」と祈られたのではないですか。そして立ち上がった先に、全ての人の救いという天の父のご計画が成し遂げられたのですよね。

 私どもは、自分の考える居心地の良い所にいつまでも座り込んでいたいです。そこに安心があるように思えるからです。しかし、信仰の生活の中で、神様は私ども一人ひとりを呼び出されるのです。そこは、私どもが思ってもいない高みかもしれません。自分では無理と思えるような奉仕かもしれません。そんなのNOと言いたい神の御業への参加かも知れません。でもそういう私どもに、神様は「わたしがあなたと共にいるから」と、神の約束でサンドイッチしてくださって、その上で招かれるのです、「神の計画に、あなたが一歩踏み出して欲しい、さあ立ち上がり、あとは実行するだけだよ」と。神の恵みを受け取る人生の場所へと、招いて下さるのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 13:38| 主日説教要約