2017年10月01日

説教 『神殿よりも偉大なものがここにある』

2017年10月1日の礼拝

相模原教会牧師 辻川篤

マタイによる福音書12章1〜8節

そのころ、ある安息日にイエスは麦畑を通られた。弟子たちは空腹になったので、麦の穂を摘んで食べ始めた。ファリサイ派の人々がこれを見て、イエスに、「御覧なさい。あなたの弟子たちは、安息日にしてはならないことをしている」と言った。そこで、イエスは言われた。「ダビデが自分も供の者たちも空腹だったときに何をしたか、読んだことがないのか。神の家に入り、ただ祭司のほかには、自分も供の者たちも食べてはならない供えのパンを食べたではないか。安息日に神殿にいる祭司は、安息日の掟を破っても罪にならない、と律法にあるのを読んだことがないのか。言っておくが、神殿よりも偉大なものがここにある。もし、『わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない』という言葉の意味を知っていれば、あなたたちは罪もない人たちをとがめなかったであろう。人の子は安息日の主なのである。」



安息日に麦の穂を摘んで食べた弟子たちに、ファリサイ派の人々が抗議しました、「穂を摘んだのは刈り入れる事だから仕事に入る。その穂を手で揉んだのは脱穀作業に当たる。中身を選り分けたのは収穫作業だし、ごみを除いて食べたのは食事の用意という仕事だ。お前たちはいくつ律法違反をしたのか分かっているのか」と。笑い話か、とさえ思ってしまう。でもファリサイ派の人たちは「我々こそが律法をよく理解している。イエスよ、お前は安息を与えると言っておきながら、その逆に、弟子たちに安息させないで仕事をさせたことになるんだ」と本気で言ったのです。


私どもは彼らの話を聞いて、窮屈さしかないように思えませんか。むしろ人間が求める安息を粉々に砕いていたのは、ファリサイ派のほうです。それは彼らが「自分の解釈こそが正しい」と言い出したところで、自分中心の世界に閉じこもったからです。主イエスから離れたからです。そこで神様が見えなくなっていた。そして実は、自分の主張しか無い世界、自分しか居ない世界となっていたから、傍にいる空腹を抱えた生身の隣人の姿も、見えなくなってしまっていたのです。


そういう時に、「疲れた者、重荷を負う者は、わたしのもとに来なさい、休ませてあげよう」と全ての人を招かれたイエス様が、安息を巡る話を始められたのです。「父なる神の御心は、お腹がすいて弱っている部下がいるなら、“食べても良いよ”という思いを優先させるのが、神の御心だ」と。それをさらに、ホセア書を用いて「神の願う世界は、隣人に憐れみを注ぐことだ、愛することだよ」とおっしゃったのです。神の御心でみるならば、空腹の弟子たちが麦畑の中を通る時、「律法によって食べるな」じゃなくて、「食べても良いよ」が、告げるべき言葉じゃないのかとおっしゃったのです。


そしてそれに加えてイエス様は、6節「神殿よりも偉大なものが、ここにある」とおっしゃったのです。それは、「今までは、人間の方が、神に遭うために神殿まで出掛けて行かなければならなかった。しかし今は、神である私の方が天より降って来て、あなたの傍に来た。あなたを訪ねて近づく神である私が、ここにいる。神の方があなたの所に来たという出来事が、ここにある。さあ『神殿よりも偉大なものが、ここにある』そのことを見るんだ」とおっしゃったということなのです。


そのイエス様に安息があるのです。それは逆にイエス様から離れたら、自分へのこだわりに逸れて行ったら、そこには自分の平安も、隣人との平安も失うことになるのです。主は私どもを招いておられます。「偉大なものがここにある、私がここにいる。その私のもとに来たらいい。あなたの望む平安があるから」と。

posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 15:09| 主日説教要約