2017年09月11日

敬老の日を覚えての礼拝説教 『長老を尊び、神を畏れなさい』

2017年9月10日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤

レビ記19章1〜2、32節
 主はモーセに仰せになった。イスラエルの人々の共同体全体に告げてこう言いなさい。あなたたちは聖なる者となりなさい。あなたたちの神、主であるわたしは聖なる者である。

 白髪の人の前では起立し、長老を尊び、あなたの神を畏れなさい。わたしは主である。


 「敬老の日」を覚える日、「白髪の人の前では起立し、長老を尊び、あなたの神を畏れなさい」と読まれました。それを聞いて「聖書も、小さい頃から道徳で聞いて来た、お年寄りを大切にしなさいという話をするんだ」と思ってしまう。しかしアレッとも思う、「もし道徳の話なら、なぜ『長老を尊びなさい。』で終わらず、『あなたの神を畏れなさい』と一言つくのか」と。

 19章には実に、多くの律法が記されています。これらを束ねる中心が、2節の「あなたたちは聖なる者となりなさい」です。これを要として、それを具体的に生きるのはどうしたら良いのかが示されて行く中の1つに「長老を尊ぶ」ということがあるのです。長老の側に一切関係なく、むしろ「尊ぶ側のあなたが聖なる者となるために」ということです。この「聖」とは「たくさんある物の中から、取り分ける」という意味の言葉です。ですから、「あなたたちは私の側に一緒に立つ者として、取り分けられた者なのだから、そのように生きよ」と告げられたのち、そこに「そういう者たちの地上の姿は、こうなるんだよ。長老を尊んで生きるのだ」と、おっしゃったということなのです。皆さん、信仰の生活とは、アッチコッチの現実にぶつかりながら、この地上を旅するということです。そしてキリスト者たちは、この世とは違う歩みをするはずなんです。世間から見たら、「あの人たちは、我々と違う生き方をしてる」と言われるはずなんです。

 さらに、神様からの戒めには、命じられる前に神様からの「あなたならできるでしょ」が付いている「断言命法」と言われ命令方法です。親が子供に「これをしなさい」と言う時、子供が出来るかどうかちゃんと見計らっていますよね。今朝の19章も、私どもと一緒に生活して下さる神様が「あなたならできるでしょ」との思いでおっしゃった戒めなんです。そういう神様からの促しの中で人生を歩み抜けたらです。若い日々だけではなくて、老いていく日々も、神様に取り分けられた者として、聖なる者として、隣人との関りのど真ん中を通って、生きて行けたらです。どんなに素敵な人生なのかと思います。全生涯が隣人を敬って生きることは、神様によって願われている事だからです。キリスト者は、隣人を敬う側にいつまでも立つ者として、そのことを喜びとして生きることが望まれている。相手を叱り飛ばしたり、見下したりしない。自分の意見を押し付けたりしない。いつも教わる側に立って、いつも柔和で、全ての人に愛される年長者になってゆく。そしてそういう人が、実は、「当たり前のように長老を尊ぶ者」と、なっているのではないでしょうか。同時にそれが、聖なる者たちの姿でもあるのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 11:21| 主日説教要約