2017年08月31日

『日々の聖句』2017年8月

相模原教会の『日々の聖句』
み言葉のパンで生きる365日

2017年8月

右向き三角1右側には、その日一日のためにくじで選ばれた聖句が記されています。『ローズンゲンの日々の聖句』のように、人間の思いを超える神意として、私たちに与えられた御言葉と聞きつつ、祈りへと導かれたいと願います。
右向き三角1( )内は詩編です。ご一緒に150編を辿っていきましょう。


●1. 火

不信心な者を義とされる方を信じる人は、働きがなくても、その信仰が義と認められます。     (ロマ4・5)

(詩編味読5・6「あなたは…誇り高い者(高ぶる者)は御目に向かって立つことが出来ず、悪を行う者は憎まれます。」)


●2. 水 pm7:00聖書の学びと祈祷会

実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。  (ルカ17・21)

(詩編味読5・7「主よ、あなたは偽って語る者を滅ぼし、流血の罪を犯す者、欺く者をいとわれます。」)


●3. 木

『主がお入り用なのです。』    (マコ11・3)

(詩編味読5・8「しかしわたしは、深い慈しみをいただいて、あなたの家に入り、聖なる宮に向かってひれ伏し、あなたを畏れ敬います。」)


●4. 金

心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。      (マタ22・37)

(詩編味読5・9「主よ、恵みの御業のうちにわたしを導き、まっすぐにあなたの道を歩ませてください。」)


●5. 土

皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。 (マコ12・17)

(詩編味読5・9-10「わたしを陥れようとする者がいます。彼らの口は正しいことを語らない。」)


●6. 日(第1主日) 説教・辻川篤牧師
聖餐式
礼拝後・青年会の定例会


●7. 月

兄弟を愛する人は、いつも光の中におり、その人にはつまずきがありません。   (1ヨハ2・10)

(詩編味読5・11「彼らを罪に定め、そのたくらみのゆえに打ち倒してください。彼らは背きに背きを重ねる反逆の者。」)


●8. 火

わが子よ、主の諭しを拒むな。主の懲らしめを避けるな。         (箴3・11)

(詩編味読5・12「あなたを避けどころとする者は皆、喜び祝い、とこしえに喜び歌います。」)


●9. 水 pm7:00信徒による祈祷会

(民は)主が親しくイスラエルの人々を顧み、彼らの苦しみをご覧になったということを聞き、ひれ伏して礼拝した   (出4・31)

(詩編味読5・12「御名を愛する者はあなたに守られます。」)


●10. 木

わたしよりも優れた方が来られる。わたしは、その方の履物のひもを解く値打ちもない。     (ルカ3・16)

(詩編味読5・13「主よ、あなたは従う人を祝福し、御旨のままに、盾となってお守りくださいます。」)


●11. 金(山の日)
青年会夏期修養会(トーチベアラーズ山中湖)

今、この目であなたを仰ぎ見ます。それゆえ、わたしは塵と灰の上に伏し自分を退け、悔い改めます。   (ヨブ42・5-6)

(詩編味読6・2「主よ、怒ってわたしを責めないでください」)


●12. 土
青年会夏期修養会(トーチベアラーズ山中湖)

大地のもろもろの柱は主のもの、主は世界をそれらの上に据えられた。  (サム上2・8)

((詩編味読6・2-3「主よ、憤って懲らしめないでください。主よ、憐れんでください、わたしは嘆き悲しんでいます。」)


●13. 日(第2主日) 説教・辻川篤牧師




●14. 月

神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。          (1テモ2・4)

((詩編味読6・3-4「主よ、癒してください、わたしの骨は恐れ、わたしの魂は恐れおののいています。」)


●15. 火

目を高く上げ、誰が天の万象を創造したかを見よ。 (イザ40・26)

((詩編味読6・4-5「主よ、いつまでなのでしょう。主よ、立ち帰り、わたしの魂を助け出してください。」)


●16. 水pm7:00信徒による祈祷会

彼が担ったのはわたしたちの病、彼が負ったのはわたしたちの痛みであった。    (イザ53・4)

((詩編味読6・5「あなたの慈しみにふさわしく、わたしを救ってください。」)


●17. 木

主は岩、その御業は完全で、その道はことごとく正しい。  (申32・4)

((詩編味読6・7「わたしは嘆き疲れました。夜ごと涙は床に溢れ、寝床は漂うほどです。」)


●18. 金

一切高ぶることなく、柔和で、寛容の心を持ちなさい。(エフェ4・2)

((詩編味読7・8「苦悩にわたしの目は衰えて行き、わたしを苦しめる者のゆえに、老いてしまいました。」)


●19. 土

イエスを試そうとして、天からのしるしを求め、議論をしかけた。  (マコ8・11)

((詩編味読6・9「悪を行う者よ、皆わたしを離れよ。主はわたしの泣く声を聞いてくださる。」)


●20. 日(第3主日) 説教・西田恵一郎牧師




●21. 月

レビが収税所に座っているのを見かけて、「わたしに従いなさい」と言われた。     (マコ2・14)

((詩編味読6・10「主はわたしの嘆きを聞き、主はわたしの祈りを受け入れてくださる。」)


●22. 火

わたしたちは、神から幸福をいただいたのだから、不幸もいただこうではないか。    (ヨブ2・10)

((詩編味読6・11「敵は皆、恥に落とされて恐れおののき、たちまち退いて、恥に落とされる。」)


●23. 水 pm7:00信徒による祈祷会

六日の間仕事をする。七日目は最も厳かな安息日であり、聖なる集会の日である。    (レビ23・3)

((詩編味読7・2「わたしの神、主よ、あなたを避けどころとします。わたしを助け、追い迫る者から救ってください。」)


●24. 木

あなたはほかの神を拝んではならない。主はその名を熱情といい、熱情の神である。       (出34・14)

((詩編味読7・3「獅子のようにわたしの魂を餌食とする者から、だれも奪い返し、助けてくれないのです。」)


●25. 金

皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。 (マタ22・21)

((詩編味読7・4-6「もし…わたしの手に不正があり、仲間に災いをこうむらせ、敵をいたずらにみのがしたなら、敵が…わたしの誉れを塵に伏させても当然です。」)


●26. 土

神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました。    (ロマ3・25)

((詩編味読7・7「主よ、敵に対して怒りをもって立ち上がり、憤りをもって身を起こしてください。」)

●27. 日(第4主日) 説教・秋葉恭子牧師
礼拝後すぐ・祈り会
12:30臨時幹事会


●28. 月

わたしは、自分で自分を裁くことすらしません。   (1コリ4・3)

((詩編味読7・7「主よ、…わたしに味方して奮い立ち、裁きを命じてください。」)


●29. 火

わたしは彼らの肉から石の心を除き、肉の心を与える。   (エゼ11・19)

((詩編味読7・8「諸国をあなたの周りに集わせ、彼らを超えて高い御座に再び就いてください。」)


●30. 水 pm7:00信徒による祈祷会

渇いている者には、命の水の泉から価なしに飲ませよう。   (黙21・6)

((詩編味読7・9「主よ、裁きを行って宣言してください、お前は正しい、とがめるところはないと。」)


●31. 木

神は柴の間から声をかけられ、「モーセよ、モーセよ」と言われ       (出3・4)

((詩編味読7・10「心をはらわたを調べる方、神は正しくいます。」)



posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 14:54| 『日々の聖句』