2016年06月30日

『日々の聖句』2016年6月

相模原教会カレンダー 6月
『日々の聖句』み言葉のパンで生きる365日

●その日のために選ばれたみ言葉が記されています。み言葉に導かれ、支えられ、励まされながら365日を過ごしてゆきたいと願っています。日々のみ言葉が、教会と家庭の生活をさらに豊かにしてくれるでしょう。(聖句の後に記された短い文は、牧師の黙想と祈りです)


●1. 水 pm7:00聖書の学びと祈祷会

「わたしを拒む者は、わたしを遣わされた方を拒むのである。」     (ルカ10・16)

(イエス様を拒む事は、神を拒む事。だから拒むって何かをわきまえねば。それは主の言葉に従わない事。それ、私かも)


●2. 木 pm7:00キリスト入門講座

四方から苦しめられても行き詰まらず、途方に暮れても失望しない。    (2コリ4・8)

(この困難を抱える姿は私自身。だから、行き詰らない秘訣も知りたい。私の内に、十字架の栄光を入れてもらう事ですね)


●3. 金 pm2:00信仰の書を読む会

神御自身が、しばらくの間苦しんだあなたがたを完全な者とし、強め、力づけ、揺らぐことがないようにしてくださいます。     (1ペト5・10)

(苦しみの向こう側へ神が運んで下さる。だから今耐えられる)


●4. 土

あなたがた自身と群れ全体とに気を配ってください。   (使20・28)

(教会の中に“残忍な狼”が現れることを知っていてパウロが勧告する。十字架抜きの偽福音が襲ってくる! 喰われるなと)


●5. 日(第1主日) 説教・辻川篤牧師
聖餐式
ヘルモン会、ぶどうの会定例会


●6. 月

神がわたしたちを招かれたのは、汚れた生き方ではなく、聖なる生活をさせるためです。     (1テサ4・7)

(御許に招かれたのは、恵を戴けるためじゃなかったの?悪から聖に移らせるためなの?あ!それが恵そのものですね)


●7. 火

この貧しいやもめは、賽銭箱に入れている人の中で、だれよりもたくさん入れた。」         (マコ12・43)

(全財産を献げた女。自分で自分を支える物を、懐に何も残さなかった女…私もそれほどに神を愛したい、信頼したい)


●8. 水 pm7:00聖書の学びと祈祷会

神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。 (1ヨハ4・16)

(神様との日毎の出会いの場は、隣人を愛する生活の中。愛するのは難しいけれど必死に留まる時、そこに神も共にいる)


●9. 木 pm7:00キリスト入門講座
あなたがたに勧めます。神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません。        (2コリ6・1)

(恵みの無駄遣って何だろうと考えていて気付いた。それは、賜物を自分の為だけに使うこと。隣人の為にと戴いたのに)


●10. 金 pm2:00信仰の書を読む会

神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。   (ロマ8・14)

(私の歩みは、自分の思いや願いや経験値や計算から出るものでなく在りたい。聖霊の神に導かれたい。神の子だもん)


●11. 土

主イエス・キリストによって神との間に平和を得ている。   (ロマ5・1)

(神に愛されている私だと堅く信じよう。絶対に揺れたりすまい。愛されていないかもと思わせることこそ反キリストの誘惑)


●12. 日(第2主日・子どもの日、花の日) 
説教・辻川篤牧師



●13. 月

神がキリストによってあなたがたを赦してくださったように、赦し合いなさい。             (エフェ4・32)

(相手を赦す仕方は、自分流ではいけない。キリストのようにとのこと。無条件で、自分が傷つき、全てを注ぐ仕方で、だ)


●14. 火

人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません。    (使5・29)

(頭で分かっていて実際は難しい。さらに神に従っていると言いつつ、自分の思いをゴリ押す場合も。傲慢の塊の私なり)


●15. 水 pm7:00聖書の学びと祈祷会

「人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい。」  (ルカ6・31)

(暗唱できる程知っているみ言葉なのに、相手を目の前にしたらすっかり忘れてしまっている。その自己中心が罪性かも)


●16. 木 pm7:00キリスト入門講座

主よ、わたしたちはだれのところに行きましょうか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。   (ヨハ6・68)

(どんな時にも主の傍に留まれるには、イエス様が誰なのか、核心を知っていることが大事。そこが霞んだら危ない)


●17. 金 pm2:00信仰の書を読む会

神は、わたしたちを怒りに定められたのではなく、わたしたちの主イエス・キリストによる救いにあずからせるように定められたのです。
      (1テサ5・9)

(神が私を見て定義されるなら「必ず救う愛する人」なんだ)


●18. 土

信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。      (ヘブ11・1)

(信じない者でなく、信じる者に成り続けよう。見えない事実が実現する体験した私だから。そっちの人生が好きだから)


●19. 日(第3主日) 説教西田恵一郎牧師
12:30 定例幹事会



●20. 月

どのような時にも、“霊”に助けられて祈り、願い求め、すべての聖なる者たちのために、絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい。      (エフェ6・18)

(祈りは一過性でなく「絶えず」の業。だから霊の助けが必要)


●21. 火

主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた。      (2コリ8・9)

(神であられた方なのに、罪人の十字架刑を負われた。「あなたがたのため」が、身に沁みて聞える。私が殺したんだと)


●22. 水 pm7:00聖書の学びと祈祷会

たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。         (1ヨハ2・1)

(もし弁護人がいなければと思うと恐い。でももっと恐いのは、弁護を必要と思わない事。神の前で、有罪は免れないのに)


●23. 木 pm7:00キリスト入門講座

神は無秩序の神ではなく、平和の神だからです。   (1コリ14・33)

(秩序正しく、共に喜び、共に学び合い、励まし合う礼拝となることが神の願い。その礼拝は、神の平和に満たされるから)


●24. 金 pm2:00信仰の書を読む会

あなたがたの中には、あなたがたの知らない方がおられる。         (ヨハ1・26)

(洗礼者ヨハネが救い主を示して言った言葉。私も伝えたい人がいる「あなたは知らないけど、救い主はあなたと共に」と)


●25. 土

「たとえ、ご一緒に死なねばならなくなっても、あなたのことを知らないなどとは決して申しません。」    (マコ14・31)

(ペトロの堅い信仰と思いきや、すぐ後に裏切る。人の脆さよ)


●26. 日(第4主日) 説教・辻川篤牧師
礼拝後すぐ・祈り会



●27. 月

主の前にへりくだりなさい。そうすれば、主があなたがたを高めてくださいます。   (ヤコ4・10)

(上に行くには下に降ること。何だかこの世のベクトルとは違うね。「テッペン取ってやる」って言葉が浅薄に響く気がした)


●28. 火

身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださったからです。
                 (ルカ1・48)

(「マリアの賛歌」だ。低く身をかがめた所に、神が届ける恵みの受け取り場があるんだ。無きに等しい者こそ多くを得る)


●29. 水 pm7:00聖書の学びと祈祷会

キリストは、万物を支配下に置くことさえできる力によって、わたしたちの卑しい体を、御自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださるのです。       (フィリ3・21)

(受け身になり、手を空にして広げよう。神の力を得るために)


●30. 木 pm7:00キリスト入門講座

あなたがたが聞いた福音の希望から離れてはなりません。
       (コロ1・23)

(「そっちに行くなー」と御言葉が叫ぶ。私が脇道にそれていくのがたまらなく嫌だから。神が、お前を失うまいと叫んでる)


posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 10:06| 『日々の聖句』