2016年04月30日

『日々の聖句』2016年4月

相模原教会カレンダー 4月
『日々の聖句』み言葉のパンで生きる365日

●その日のために選ばれたみ言葉が記されています。み言葉に導かれ、支えられ、励まされながら365日を過ごしてゆきたいと願っています。日々のみ言葉が、教会と家庭の生活をさらに豊かにしてくれるでしょう。(聖句の後に記された短い文は、牧師の黙想と祈りです)


●1. 金 pm2:00信仰の書を読む会

ああ、神の富と知恵と知識のなんと深いことか。  (ロマ11・33)

(御父の御心は、私の遠い先まで見ていてくれる。深い底まで知っている。なのに自分勝手な主張ばかり、御免なさい)


●2. 土 

心を騒がせるな。神を信じなさい。      (ヨハ14・1)

(たった1日だけで何度心を騒がせることか。イライラして、ハラハラしている。そこで不平も抱えてる。信頼することを忘れた時、自分で苦しみを抱えるんだ。今日こそ開放されよう!)


●3. 日 (第1主日) 説教・辻川篤牧師
聖餐式、転入会式
幹事任職式、CS教師・幼稚園教諭就任式

礼拝後・ヘルモン会、ぶどうの会

●4. 月

わたしたちは、キリストの体の一部なのです。   (エフェ5・30)

(私もキリストの一部。その主にあの人も繋がって一つ体だなんて、嬉しい繋がりだね。改めて、隣人の大切さも分かった)


●5. 火

愛がなければ、無に等しい。         (1コリ13・2)

(課題を成し遂げる人や、黙々と取り組む人が貴いと思って来た。でも、愛から出てものでないなら、していないのと一緒なんだ。愛から生まれた業は、貧しくても輝いてるのですね)


●6. 水  pm7:00聖書の学びと祈祷会

信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです。            (ロマ10・17)

(主を信じたい! だからあなたの御言葉を下さい。あなたの御言葉が私の心を打つ時、主に頼ることが始まりますから)


●7. 木  pm7:00キリスト入門講座

それは、あなたがたが人の知恵によってではなく、神の力によって信じるようになるためでした。(1コリ2・5)

(人間の知恵や理解力によっては、御心に近づくことも信じることもできない。唯1つの道は、十字架を知る道によって。)


●8. 金  相模白ゆり幼稚園入園式、pm2:00信仰の書を読む会

心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。            (マタ22・37)

(主を愛するのは、どれほど強くあればいいの?その答えは全てを尽くしてもまだ足りない感じ。それほど貴い方のゆえ)


●9. 土

自分に定められている競争を忍耐強く走り抜こうではありませんか、信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら。               (ヘブ12・1-2)

(忍耐できる!初めから完成まで一緒におられる主を仰げば)


●10. 日
(第2主日) 説教・辻川篤牧師

礼拝後・拡大幹事会、定例幹事会


●11. 月

二人の目が開け、イエスだと分かった。  (ルカ24・31)

(復活の主からパンを受け取った時、弟子の目はパッと開いた。私も聖餐のパンを受け取る度に、パッと心開かれて、思い出そう。主は今ここに、私と共にいて下さるという恵みを。)


●12. 火

信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。(1コリ13・13)

(終末の日、御国が来たらもう安心。希望は実現したのだ。あとは信じた神を前にして、心からの愛で礼拝して過ごさん)


●13. 水  pm7:00聖書の学びと祈祷会

祈りの度に、あなたがたのことを思い起こして、あなたがた一同のことをいつも神に感謝しています。  (1テサ1・2)

(いつも思い起こして祈ってくれる人がいるって、いいな。そうか、私がその人になればいい。兄姉のための私になろう。)


●14. 木  pm7:00キリスト入門講座

わたしたちの本国は天にあります。     (フィリ3・20)

(自分の所属場所を巡って、ずっとアタフタして来たかも。学校でも会社でも、自分の居場所の確保であくせくして来た。でも今は違う。絶対に揺るがない私の所属・天があるから)


●15. 金  pm2:00信仰の書を読む会

あなたがたの広い心がすべての人に知られるようになさい。主はすぐ近くにおられます。 (フィリ4・5)

(「広い心って何?」と聖書を見たら「常に喜ぶ」ことだった。難しそうだけど、主が近くにいて下さるなら私にもできかも)


●16. 土

いっさいあなたの持っているもので、いただかなかったものがあるでしょうか。             (1コリ4・7)

(御免さない。真に全て神様からの賜物です。それなのに自分で勝ち取ったように思って、高ぶってた。それが罪なのに)


●17. 日(第3主日) 説教・西田恵一郎牧師




●18. 月

洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ている。                 (ガラ3・27)

(私も受洗の日、罪も汚れも無き白い衣で、罪人の私が覆われた。御父の目には、私はもう純白。感謝して身をたださん)


●19. 火

わたしはアルファであり、オメガである。最初の者にして、最後の者。初めであり終わりである。   (黙21・6)

(世界の初めを支配し、終わりまで総べ治める神。その大きさよ。いや、私の初めも終わりも、主が支え手。その身近さよ)


●20. 水  pm7:00聖書の学びと祈祷会

キリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられている。       (ロマ5・2)

(恵みをいただける場所に至る道がある。その道は細くて、先が見えにくいらしい。だから迷わず進む「信仰」が必須だ)


●21. 木 pm7:00受洗準備会

「あなたたちは聖書も神の力も知らないから、そんな思い違いをしているのではないか。」
     (マコ12・24)

(御言葉を聞いて目で見て読んでも、そこに頼り切れない。そんな私だから、勝手な信仰で生きて、壁に当っていたのか)


●22. 金  pm2:00信仰の書を読む会

主に向かって心からほめ歌いなさい。   (エフェ5・19)

(賛美って楽しいし大好き−それでいいと思っていた。でも、どうも自分の歌声に気を取られて、歌う自分が第1になっている。それって、主に向かう心が、後回しになってるのかも)


●23. 土

ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください。  (マコ10・47)

(見捨てられた男が必死に叫ぶ。未来など無いと思っていた彼が、希望を見つけたんだ「主にすがれば、其処に在る」と)


●24. 日(第4主日) 説教・辻川篤牧師
礼拝後・定期教会総会
(祈り会はお休み)
●25. 月

弟子たちは皆、イエスを見捨てて逃げてしまった。  (マタ26・56)

(弟子なのに逃げたのか、主の世話になったのに裏切ったのか。なんて奴らだと思ってハッとする。私も同じ罪を重ねてる)


●26. 火

(イエスは)永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」         (ルカ1・33)

(慈しみの支配が「終わることがない!」と聞いて、嬉しい。時を超えて私にも慈しみが届くのは、神の決意だと知ったから)


●27. 水  pm7:00聖書の学びと祈祷会

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」        (マタ11・28)

(イエス様の語り掛けは、心の奥に届いて来る。光として差し込んで来る。自分でも気付いてなかった疲れし心の底に)


●28. 木  pm7:00受洗準備会

(イエス)まだ、分からないのか。悟らないのか。心がかたくなになっているのか。     (マコ8・17)

(あなたを嘆かせているのは私の傲慢さです。御言葉をそのまま受け入れられない自分の理屈。こんなもの捨てたい!)


●29. 金(昭和の日)
(信仰の書を読む会はお休み)

相変わらず肉の人だからです。
        (1コリ3・3)

(「相変わらず」って、チクリとする。そこに、成長しない私への嘆きと非難と、いらだたしさの響きがあるから。でもどうぞ見捨てないで!今日こそ変わるから、御言葉を生きるから)


●30. 土

「芽生え、育って実を結び、あるものは三十倍、あるものは六十倍、あるものは百倍にもなった。」 (マコ4・8)

(百倍に実れと願ってるのは主ご自身。土地を耕せ、御言葉を蒔く土地である隣人の心を。そこにも神の国が成るために)



posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 10:47| 『日々の聖句』