2015年07月21日

最近の一言

◇客員を含めて約三百人の兄姉に誕生日と祈祷会の葉書を書き、折々の手紙も書かせてもらっている私は、毎日切手を貼っている。切手貼りの文具は大事な道具だ。

 以前は、スポンジに水を含ませる物を使っていたが、切手に水が付き過ぎたり逆に付かなかったり。良いものがないかと探していて、見つけた。郵便局の切手貼り器だ。容器にローラーが付いていて、クルクル回すと水が付く。そこに切手を乗せると、丁度良く湿るのだ。さすがは郵便局。ネットですぐに購入した。その道の専門って、やっぱりすごいなと思った。

 そして思う、「本物の福音を知るキリスト者は、その良さをちゃんと伝えられているのかな」と。教会こそが、その専門なのだから。

◇最近の一押し。イェルク・イェレミアス著『なぜ神は悔いるのか―旧約的神観の深層』。絶対者で間違いなどされない神が、御自分の決定を悔いて変更されたのは何故か。神の「何としても救いたい」との御心に触れた感動の一冊だ。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 11:51| 牧師プロフィール