2014年11月30日

『日々の聖句』2014年11月

相模原教会カレンダー 11月
『日々の聖句』み言葉のパンで生きる365日

●その日のために選ばれたみ言葉が記されています。み言葉に導かれ、支えられ、励まされながら365日を過ごしてゆきたいと願っています。日々のみ言葉が、教会と家庭の生活をさらに豊かにしてくれるでしょう。(聖句の後に記された短い文は、牧師の黙想と祈りです)


●1. 土

主の前にへりくだりなさい。そうすれば、主があなたがたを高めてくださいます。     (ヤコ4・10)

(「主に従います。お任せします」と、今日生きてみよう。主が高めてくださる場所の眺望の素晴らしさを、見てみたいから)


●2. 日(第1主日・召天者記念礼拝)  説教・辻川篤牧師
礼拝後・墓前礼拝


●3. 月(祭日・文化の日)
am10:00〜pm2:00 教会・幼稚園共催バザー

わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。     (ヨハ13・34)

(受け取った「愛」の贈り物は、次に渡すためのもの。どんなに隣人に渡しても、減らない愛だから。渡さないと、淀むかも)


●4. 火

「あなたがたの父が憐れみ深いように、あなたがたも憐れみ深い者となりなさい。」          (ルカ6・36)

(憐みの深さを、私は浅く見積もっていた。だから私の憐れみは浅いんだ。御父の憐れみは、御子を死なせる深さなのに)


●5. 水 pm7:00聖書の学びと祈祷会

イエスは涙を流された。            (ヨハ11・35)

(人間の悲しみに、イエス様も一緒に心を乱される。それは、激しい愛のゆえの涙。それほどに、人と一緒に生きて下さる)


●6. 木 pm7:00キリスト入門講座

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。   (ヨハ1・14)

(御子は、朽ちてしまう体、罪を抱えてしまう弱さをもった肉体に落ちられた。土くれの貧しさに落ちられた。土くれの人間である私と、同じになりたくって。神の決意に、畏れるばかり)


●7. 金 pm2:00信仰の書を読む会

務めにはいろいろありますが、それをお与えになるのは同じ主です。       (1コリ12・5)

(采配されたのは主。なのに「あの奉仕がしたいのに、この奉仕は嫌」と文句と注文ばかりの私。神への反逆とも知らずに)


●8. 土

わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。   (ヨハ4・14)

(素直に「その水を下さい」と、必死に求めた罪の女。自分の渇きを知る人が、命の水を手に出来るんだ。今日、私自身の祈りが変わる、「私も、自分の渇きに気付かせて下さい」と)


●9. 日(第2主日)説教・辻川篤牧師
礼拝後・ヘルモン会、ぶどうの会定例会
12:30定例幹事会


●10. 月

互いに重荷を担いなさい。           (ガラ6・2)

(重荷を負ってあげることは苦手。でも重荷を素直に負ってもらうことは、もっと苦手。生き辛くしているのは、己自身かも)


●11. 火

わたしたちが愛するのは、神がまずわたしたちを愛してくださったからです。            (1ヨハ4・19)

(どれほど愛されているか、十字架を見詰めて静かに考えよう。その深さにハッとした時、私も愛する人にちょっと近づく)


●12. 水 pm7:00聖書の学びと祈祷会

神は人を分け隔てなさらない。       (使10・34)

(「神様、恵みの量って、人によって違いますか?祝福の大きさって、人によって違いますか?」そう思う日があった、苦難が重なる日に…。今朝その答えを見つけた、それは「否」だ)


●13. 木 pm7:00キリスト入門講座

喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。   (ロマ12・15)

(素直に喜べず共に泣けない私だから、これを言われた。私はどこまでも自分大事人間。その気付きが大切な一歩かも)


●14. 金 pm2:00信仰の書を読む会

互いに平和に過ごしなさい。        (1テサ5・13)

(信仰の生活は、いつも“共に”の生活だ!御言葉は、昨日に続いて今日も、隣人との生活を整えてくれる。「自分一人が信じていたらいい」なんて、主の思いでは全くないんだな)


●15. 土

思い違いをしてはいけません。良い贈り物、完全な賜物はみな、上から、光の源である御父から来るのです。                      (ヤコ1・16-17)

(自ら勝ち取った、さすが俺なんて。勘違いのコンコンチキだった)


●16. 日(第3主日)説教・西田恵一郎牧師
pm1:00幼児祝福式



●17. 月

今は神を知っている、いや、むしろ神から知られている。   (ガラ4・9)

(自分でしがみ付かないと落ちる、じゃない。むしろ神様がガッチリ私を捕まえていて下さる。やっぱり、神様大好き!)


●18. 火

あなたがたは不義を行い、奪い取っています。しかも、兄弟たちに対して。 
             (1コリ6・8)

(自分という輩が悲しい。大切な人を傷つけていたのは、私自身と知ったから。♪「滅ぶべきこの身〜」とは正しく我なり)


●19. 水 pm7:00聖書の学びと祈祷会

わたしたち一人一人に、キリストの賜物のはかりに従って、恵みが与えられています。        (エフェ4・7)

(「一人一人に」とは「一人ももれなく、ハズレなく」ということ。今日から恵みの探し上手になろう。必ずそれはあるんだもん)


●20. 木 pm7:00キリスト入門講座

レビが収税所に座っているのを見かけて、「わたしに従いなさい」と言われた。           (マコ2・14)

(人々から見捨てられ、自分も自分を諦めていた男に、ただお一人イエス様だけが声を掛けられる、「お前が必要」と。)


●21. 金 pm2:00信仰の書を読む会

神御自身が、しばらくの間苦しんだあなたがたを完全な者とし、強め、力づけ、揺らぐことがないようにしてくださいます。                 (1ペト5・10)

(義しく歩む者の苦しみは、苦しみで終わらない。顔を上げよう)


●22. 土

(イエス)「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」                (マコ1・15)

(主の言葉に「急げ!早く立ち帰れ」との切迫感を感じる。それなのに私の伝道は、“そのうち”伝道になっていないか。)


●23. 日(第4主日)説教・辻川篤牧師
礼拝後・大掃除



●24. 月
(振替休日)

あなたがたが召されたときのことを、思い起こしてみなさい。    (1コリ1・26)

(教会へと招待された日のことを思い出したら、家族のお陰、人のお陰、もちろん神様のお陰。ああ、お陰の塊で今がある)


●25. 火

あなたがたは神の畑、神の建物なのです。   (1コリ3・9)

(自分のことを“自分のもの”と思っていた。だから自分でしっかり耕して建て上げねばと焦っていた。でも、本当は、所有者は天地の主。人は既に、自分で思う以上に、高価なんだ)


●26. 水 pm7:00聖書の学びと祈祷会

神は人を分け隔てなさいません。      (ガラ2・6)

(え、12日の御言葉とダブったか(ヒヤリ)。いや聖書箇所は、別だ(ホッ)。きっとこれは大切な言葉だったから、多くの人々の口癖になってたんだ。何度でも言いたい事だったんだ)


●27. 木 pm7:00受洗準備会

イエスを試そうとして、天からのしるしを求め、議論をしかけた。   (マコ8・11)

(私も「御心のままに」とは祈らず、「あれやこれは、叶うかな?無理かな?」と、主を試している。主が嫌う罪と気付かずに)


●28. 金  pm2:00信仰の書を読む会

その名はインマヌエルと呼ばれる。この名は、『神は我々と共におられる』という意味である。   (マタ1・23)

(一番イエス様からして欲しい事、それが『我々と共に…』だ。それをあなたから示して下さるなんて。ああ愛しき名よ)


●29. 土

「行きなさい。わたしはあなたがたを遣わす。」   (ルカ10・3)

(主の御命令を、幾度聞き流して来たことか。棚上げして来たことか。もうこれ以上、主を呆れさせまい。少しでも隣人の傍に行こう、御言葉を伝えよう、本気で隣人と一緒に祈ろう)


●30. 日(第5主日・アドヴェント第1主日)
      説教・辻川篤牧師
礼拝後すぐ・祈り会
祈り会後・DVD上映会(2階ホール)


posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 23:17| 『日々の聖句』