2019年07月07日

説教 『救いの妨げ』

2019年7月7日の礼拝
東京神学大学大学院1年 藤森誠神学生
使徒言行録8章26〜39節
さて、主の天使はフィリポに、「ここをたって南に向かい、エルサレムからガザへ下る道に行け」と言った。そこは寂しい道である。フィリポはすぐ出かけて行った。折から、エチオピアの女王カンダケの高官で、女王の全財産の管理をしていたエチオピア人の宦官が、エルサレムに礼拝に来て、帰る途中であった。彼は、馬車に乗って預言者イザヤの書を朗読していた。すると、“霊”がフィリポに、「追いかけて、あの馬車と一緒に行け」と言った。フィリポが走り寄ると、預言者イザヤの書を朗読しているのが聞こえたので、「読んでいることがお分かりになりますか」と言った。宦官は、「手引きしてくれる人がなければ、どうして分かりましょう」と言い、馬車に乗ってそばに座るようにフィリポに頼んだ。彼が朗読していた聖書の個所はこれである。「彼は、羊のように屠り場に引かれて行った。毛を刈る者の前で黙している小羊のように、/口を開かない。卑しめられて、その裁きも行われなかった。だれが、その子孫について語れるだろう。彼の命は地上から取り去られるからだ。」宦官はフィリポに言った。「どうぞ教えてください。預言者は、だれについてこう言っているのでしょうか。自分についてですか。だれかほかの人についてですか。」そこで、フィリポは口を開き、聖書のこの個所から説きおこして、イエスについて福音を告げ知らせた。道を進んで行くうちに、彼らは水のある所に来た。宦官は言った。「ここに水があります。洗礼を受けるのに、何か妨げがあるでしょうか。」そして、車を止めさせた。フィリポと宦官は二人とも水の中に入って行き、フィリポは宦官に洗礼を授けた。彼らが水の中から上がると、主の霊がフィリポを連れ去った。宦官はもはやフィリポの姿を見なかったが、喜びにあふれて旅を続けた。


 エチオピア人の宦官にとって、最大の関心事は自分の救いに妨げがあるのかということでした。これは私達にとっても同じです。更には、救いをいただいている者にとっても、私の何かが神様の救いから漏れてしまう妨げとなっているのではないかという問いです。

 宦官には救いの妨げとなりうる二つの懸念がありました。一つは異邦人であるということ。もう一つは宦官であることです。その両者ともに、律法を通して、神の救いに与れない者と定められていたからです。だから、彼は聖書を必死に読んでいました。ここにこそ救いがあると思ったからです。彼には、地位も名誉もお金も、エルサレムまで礼拝に行くという篤い信仰もあったのに、聖書を理解することが出来ませんでした。救いの光を見出せない状況が、イザヤ書53章に現されている神の小羊の屈辱の状態と重なったのです。

 しかし、神様は宦官に聖霊を通して助け手を遣わされました。そこで初めて、イエス・キリストの福音を聴きます。これこそ、私が求めていた救いだと彼は喜びました。神の救いはただ、神の恵みによって与えられるプレゼントです。ですから、実は、私たちの側には、救いの妨げは一切無いのです。全て神様が備えてくださっています。それを信じて受け取るだけです。しかし、私達の苦しい現実において信じ切れなくなることがあります。その時にはみ言葉に聴かなければなりません。一方的な恵みへの確信は、神の言葉を通してしか与えられないからです。そうやって、繰り返し、救いの妨げが無いことを知らされて歩むのです。


posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| 主日説教要約

2019年7月7日の礼拝

礼拝説教「救いの妨げ」、使徒言行録8章26〜39節、藤森誠神学生。讃美歌12、379、511。交読詩編23編1〜6節。◇第一主日ですので、聖餐式が執行されます。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| お知らせ