2019年04月14日

説教 『イエスの涙の意味』

2019年4月14日の礼拝(棕櫚の主日)
相模原教会協力牧師 西田恵一郎
ルカによる福音書19章28〜44節
イエスはこのように話してから、先に立って進み、エルサレムに上って行かれた。そして、「オリーブ畑」と呼ばれる山のふもとにあるベトファゲとベタニアに近づいたとき、二人の弟子を使いに出そうとして、言われた。「向こうの村へ行きなさい。そこに入ると、まだだれも乗ったことのない子ろばのつないであるのが見つかる。それをほどいて、引いて来なさい。もし、だれかが、『なぜほどくのか』と尋ねたら、『主がお入り用なのです』と言いなさい。」使いに出された者たちが出かけて行くと、言われたとおりであった。ろばの子をほどいていると、その持ち主たちが、「なぜ、子ろばをほどくのか」と言った。二人は、「主がお入り用なのです」と言った。そして、子ろばをイエスのところに引いて来て、その上に自分の服をかけ、イエスをお乗せした。イエスが進んで行かれると、人々は自分の服を道に敷いた。イエスがオリーブ山の下り坂にさしかかられたとき、弟子の群れはこぞって、自分の見たあらゆる奇跡のことで喜び、声高らかに神を賛美し始めた。
「主の名によって来られる方、王に、
 祝福があるように。天には平和、
 いと高きところには栄光。」
すると、ファリサイ派のある人々が、群衆の中からイエスに向かって、「先生、お弟子たちを叱ってください」と言った。イエスはお答えになった。「言っておくが、もしこの人たちが黙れば、石が叫びだす。」エルサレムに近づき、都が見えたとき、イエスはその都のために泣いて、 言われた。「もしこの日に、お前も平和への道をわきまえていたなら……。しかし今は、それがお前には見えない。やがて時が来て、敵が周りに堡塁を築き、お前を取り巻いて四方から攻め寄せ、お前とそこにいるお前の子らを地にたたきつけ、お前の中の石を残らず崩してしまうだろう。それは、神の訪れてくださる時をわきまえなかったからである。」


 今日は棕櫚の主日です。イエスが王として都エルサレムに入城したことを覚える主日です。イエスのエルサレム入城の記事は、四福音書すべてに記されています。描き方に違いはありますが、大筋の内容は共通しており、イエスが王として入城する。そして群集や弟子たちは凱旋将軍を迎えるように歓迎するということです。しかし、明らかなのは人々の受け止め方とイエスの思いの食い違いです。それがイエスの涙となって表現されています。何がイエスを泣かせたのか…。入城を前にしてイエスには鬼気迫る雰囲気が漂っていました(マルコ10章32節、ルカ19章28節)。何か大きな深刻な問題に立ち向かう覚悟を示すように。一方、人々の態度や言葉には事態の深刻さへの無理解が際立っていました。「12人はこれらのことが何も分からなかった」、「この方は、預言者イエスだ」などが表す通りです。平和時に用いる「ろば」(ゼカリヤ9章9〜10節)になぜイエスが乗ったに思いを巡らす者も見当たりませんでした。指導者たちは嫉妬と保身からイエス殺害計画に乗り出します。イエスの涙は彼らの不信仰への悲しみの涙でした。信仰とは信頼と同義語で、神の意に全幅の信頼をかけて、無条件的にこれに服従することです。この服従の行為において人間に対する王としての神の支配が開始し、人間に対する神の活動を経験するのです。このイエスへの信頼、愛、そして王としてのイエスへの服従が欠如していたのです。これが不信仰です。不信仰の先には滅びしかない。そう知るイエスは涙を流されたのです。人々はイエスのことは知っていた。しかし、イエスをメシアまた主として知ってはおらず、信頼してもいなかった。イエスをメシアそして主として信頼したい。そして、復活が真に死を滅ぼした力として私たちの中に息づき、イエスを主とし、その僕として生きる私たちとされましょう。
のには、祈りの生活の確立が必要なのです。祈りの生
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 17:55| 主日説教要約

2019年4月14日の礼拝

礼拝説教「イエスの涙の意味」、ルカによる福音書19章28〜44節、西田恵一郎牧師(和泉短期大学チャプレン)。讃美歌23、143、142。交読詩編22編2〜22節。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| お知らせ