2018年12月09日

説教 『やがて全体が膨れる』

2018年12月9日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
マタイによる福音書13章31〜35節
イエスは、別のたとえを持ち出して、彼らに言われた。「天の国はからし種に似ている。人がこれを取って畑に蒔けば、どんな種よりも小さいのに、成長するとどの野菜よりも大きくなり、空の鳥が来て枝に巣を作るほどの木になる。」また、別のたとえをお話しになった。「天の国はパン種に似ている。女がこれを取って三サトンの粉に混ぜると、やがて全体が膨れる。」イエスはこれらのことをみな、たとえを用いて群衆に語られ、たとえを用いないでは何も語られなかった。それは、預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
「わたしは口を開いてたとえを用い、
天地創造の時から隠されていたことを告げる。」


 弟子たちにとっては、一向にイエス様がローマを打ち破るために蜂起しようとなさらないことが不満だったようです。それを見て取ったイエス様が、このたとえ話を始められたのです。1つ目は、『からし種は種の中で一番小さいけれど、どんな野菜よりも大きくなる。神様の支配も、最初は人間には最も小さなもののように思えるけれど、一旦この世界で始まったら、どんどん大きくなる』ということです。2つ目もパン種とパンの練り粉の関係で、『天の国・神様の支配というのも、人々の日常の中に紛れ込むように小さな業として始まるけれど、ついには全体に行き渡って行くんだ』と。

 まことにイエス様は、人の目には存在を見出すことも叶わない最も小さき者として、天より降って来られました。そのことを思い出した時、私はハッとさせられたのです。イエス様がたとえ話でなさった、吹けば飛ぶような小さな「からし種」は、イエス様ご自身じゃなかったのかと気付かされたからです。暗闇の中に紛れるようにして、日常生活の端っこに紛れ込むようにして地上に降られたイエス様こそ、小麦の練り粉の中に入れられた「パン種」だったのです。

 そしてイエス様が、そんなに小さく貧しくなって下さったのは、本当の意味で小さく貧しい「罪人」と一緒になるためであったのではないですか。それは、全ての小さく貧しい罪人を救うためにです。「罪人の僕」にまでなって下さったイエス様。それが、真の救い主の姿なのです。このお方だけが、全世界を救えるのです。相応しくない者をさえ救い出せるからです。そのために神は、からし種のように小さくなり、パン種のように私どもに紛れる姿となる以外に方法を取り得なかったのです。それが、神の決断であられたのです。将軍のように来てこの世界を変えて行くのでなかったのは、ただ一つの理由からです、それは神が、あなたという一人を得るためであられたのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 17:51| 主日説教要約

2018年12月9日の礼拝

〇礼拝説教「やがて全体が膨れる」、マタイによる福音書13章31〜35節、辻川篤牧師。讃美歌94、262、453。交読詩編19編8〜11節。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| お知らせ