2018年06月10日

説教 『空き家になっている』

2018年6月10日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
マタイによる福音書12章43〜45節
「汚れた霊は、人から出て行くと、砂漠をうろつき、休む場所を探すが、見つからない。それで、『出て来たわが家に戻ろう』と言う。戻ってみると、空き家になっており、掃除をして、整えられていた。そこで、出かけて行き、自分よりも悪いほかの七つの霊を一緒に連れて来て、中に入り込んで、住み着く。そうなると、その人の後の状態は前よりも悪くなる。この悪い時代の者たちもそのようになろう。」

 主は人々に向けて「汚れた霊は、人から出て行くと」と話し出されます。それを聞いて群衆も「自分も心を綺麗に掃除した。それなりにはしている。汚れた者を追い出した」と、ちょっと誇ったはずなのです。

 しかし、でした。イエス様は「(汚れた霊が)『出て来た我が家に戻ろう』と言う」と言われる。さらに「戻ってみると、空き家になっており、掃除をして、整えられていた」と。掃除をしたというのは、「自分なりに義しく聖い心で生活を送っている。礼拝もしている。自分の心は悪人のように汚れていない。自分のやり方でそれなりに聖くなれている」という心だということです。そうであるなら「そういう生き方で十分じゃないの」と言いたくなること、ありませんか。

 この「空き家」という言葉は、「暇である。何も働いていない」という意味があります。神の言葉に応答することが働いていないということです。自分の生き方が変わらない姿です。主は単に「空き家にしないように気を付けなさい」と言っておられるんじゃないんです。「誰も結局、神の御声に応答しようとしない、いつまでも変わらないお前たちなのか」と途方に暮れて、嘆いておられるのです。人間にとって、自分で解決できない難問が、自分を変えるということですよね。自分の思い通りに、やりたい通りにしたいと思って来たから、そこで人を傷つけもした。そんな古い自分から、御心を喜んで生きる自分になるには、神様に明け渡さないといけない。でも心の奥では、いつまでも自分の思い通りに生きたくて、だから、自分だってある程度は聖い生き方が出来ると思い込んで来た。できると思い込ませたのが、汚れた霊の策略なのに。そこでなら、「神から離れて生きても自分だけで大丈夫だよ」と思わせることが、簡単に出来るからです。そういう自分から向きを変えて、御心に応答する自分に変わっていくことは、至難の業なのです。

 そういう私どもをイエス様は知っていて、憐れんで下さって「あなたは空き家なんだ。あなたの中に神は居ない」と告げて下さるのです。それも諦めずに告げ続け、関り続けて共に居て下さるのです。そのイエス様だからこそ、このお方に依りすがるなら、そこで初めて世界一頑なな私も、少しは変われるのかもしれない。そこで「主よ、この頑なな私は、今日どう生きればよいのですか」と祈り始めるからです。「あなたの御心に従いたい、主よ、助けて」とチョコっと祈る。またチョコっと、そして四六時中、生活の中で神様と対話をし始めている。そんな神様との対話の時間がいつもあって…。その生活が、神が心の内におられる姿なのです。そのあなたはもう、変われているのです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 17:38| 主日説教要約

2018年6月10日の礼拝

礼拝説教「空き家になっている」、マタイによる福音書12章43〜45節、辻川篤牧師。讃美歌67、461、124。交読詩編32編1〜7節。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| お知らせ