2018年04月22日

説教 『あなたを避けどころとします』

2018年4月22日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
詩編7編1〜6節
シガヨン。ダビデの詩。ベニヤミン人クシュのことについてダビデが主に向かって歌ったもの。

わたしの神、主よ、あなたを避けどころとします。
わたしを助け、追い迫る者から救ってください。
獅子のようにわたしの魂を餌食とする者から
だれも奪い返し、助けてくれないのです。
わたしの神、主よ
もしわたしがこのようなことをしたのなら
わたしの手に不正があり
仲間に災いをこうむらせ
敵をいたずらに見逃したなら
敵がわたしの魂に追い迫り、追いつき
わたしの命を地に踏みにじり
わたしの誉れを塵に伏せさせても当然です。

 この詩人には、敵がいたようです。その崖っ淵に立って叫びます、「わたしの神、主よ。あなたを避けどころとします」と。でもです。そこでふと思ったのです。それは「苦しい時になって『神様助けて、守って』と言うなんて、ご利益宗教とどこが違うのだろうか」と。そんなことを感じたのは、詩人が「助けて」と言ったあとに語り出した猛烈な自己弁護の言葉を読んだからです。今朝は読みませんでしたが、9節には「主よ、裁きを行って宣言してください。お前は正しい、とがめるところはないと」と。そんな自己正当化の激しさが、とても気になったのです。

 ただ確実なことが、一つありました。それは、この詩人にとって頼りに出来る方は、たった一人しかいないということです。彼が見詰めているのは、ただ一人の神なのです。そこに、一人の神と一人の私という関係があった。その「あなたと、わたし」との関係に、彼はしがみついたのです。「あなただけ」と、なり振り構わないで、彼はしがみ付いていたのです。ふと思いました、彼が自己弁護に取っ散らかっているようになっているのは、論証しているというより、泣きわめいている姿に近いと。冷静に「私は義しい」と言おうと考えてはいない。それよりも彼のこの主張は、まるで赤ん坊がママを求めて泣き叫んでいる姿に似ていると思ったのです。

 詩人は無遠慮にも、ただがむしゃらに「あなたを避けどころとさせてほしい」と言っているのです。自分を点検して、助けられる資格があるから、と言っているのではない。詩人は、絶対の依存を神に向けて、無条件の信頼をたった一人のお方に向けたのです。そういう関係に立ったのです。アッと思いました。

 彼はこの祈りを、「わたしの神、主よ」という言葉で始めていたことに、改めて目が留まったからです。「わたしの神」と呼びかける「わたし」と「神」との間に、それが結びつくための条件は何もありません。例えば、「信仰深い私と、そういう信仰者の神となって下さる方よ」とか、そういう前提は何もない。「私と、神」「我と、汝」、ただそれだけ。それが、「あなたを避けどころとする」という唯一の根拠だったのです。
私どもも、「わたしの神」という結びつきにしがみつくことへと招かれています。それは、私どもの人生にも敵という苦難が襲って来るからです。でもそこで私どもは「苦しい時だけで、すみません」なんて思わなくて良い。無遠慮で良いんです。神を避けどころとさせていただきなさい。「わたしの神よ」と呼べるくすしき絆に目を留めるなら、苦難に囲まれてなお、今日の一歩を踏み出すことが出来るから。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 13:42| 主日説教要約

2018年4月22日の礼拝

礼拝説教「あなたを避けどころとします」、詩編7編1〜6節。辻川篤牧師。讃美歌162、333、292。交読詩編34編2〜8。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| お知らせ