2018年02月19日

説教 『しかし、あなたは』

2018年2月18日の礼拝
相模原教会協力牧師 西田恵一郎
テモテへの手紙二 3章10〜17節
しかしあなたは、わたしの教え、行動、意図、信仰、寛容、愛、忍耐に倣い、アンティオキア、イコニオン、リストラでわたしにふりかかったような迫害と苦難をもいといませんでした。そのような迫害にわたしは耐えました。そして、主がそのすべてからわたしを救い出してくださったのです。キリスト・イエスに結ばれて信心深く生きようとする人は皆、迫害を受けます。悪人や詐欺師は、惑わし惑わされながら、ますます悪くなっていきます。だがあなたは、自分が学んで確信したことから離れてはなりません。あなたは、それをだれから学んだかを知っており、また、自分が幼い日から聖書に親しんできたことをも知っているからです。この書物は、キリスト・イエスへの信仰を通して救いに導く知恵を、あなたに与えることができます。聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。こうして、神に仕える人は、どのような善い業をも行うことができるように、十分に整えられるのです。


 「終わりの時」(一節)とは主イエスの来臨の時から再臨の時までを言うので、私たちは現在「終わりの時」に生きていることになります。二節以降に述べられている悪の一覧表(悪のカタログ)―面白い表現だと思います―は二千年前だけに限定されて顕著だった訳ではありません。今も二千年前のそれ以前にも、人間が存在している時と所、いつでもどこにでも蔓延していました。悪の根源は罪です。問題は「罪」なのです。私たちが罪の現実と向き合い、その力を知る。それも、自分のこととして捉えないと、罪の罠に陥ってしまうことになります。

 罪とは「的をはずす」ことです。神という的から逸れると、@自己の破壊、A神からの疎外、B人間同士の対立、C自然との不調和という結果がもたらされてしまいます。これらの現実の一方で、神の御子キリストを通して罪からの救いが与えられたのも現実です。罪の中でも、最も厄介で注意を要するのは「信心を装いながら、信心の力を否定する」(五節)、宗教(家)かもしれません。たとえこの世の中がどのように動き、変わったとしても「しかしあなたは」(一〇節)、「だがあなたは」(一四節)とパウロが勧めるようにこの世の流行りに妥協したり迎合したりせず、頑なにまで「信心」―礼拝すること、祈ること、聖書を読み聖書を語ること、奉仕に励むことなど―に徹したいものです。

 パウロの生涯は、いよいよ終りに近づいています。後は「愛する信仰の子」テモテに託すしかありません。それに際し、改めて、この道は平坦ではないこと「キリスト・イエスに結ばれて信心深く生きようとする人は皆、迫害を受けます」(一二節)と覚悟を促します。そして、何よりも大切なのは御言葉から離れないことだと確認します。テモテはパウロや祖母と母からそれを学び、その力を見てきました。人を救いに導く知恵と力は御言葉にあり、「人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をする」(一六節)のは御言葉なのです。罪の力に対抗するのは御言葉の力だけなのです。その力は信心から来ることを忘れてはなりません。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 10:34| 主日説教要約

2018年02月18日

2018年2月18日の礼拝

礼拝説教「しかしあなたは、」、テモテへの手紙二 3章10〜17節。西田恵一郎牧師(和泉短期大学チャプレン)。讃美歌10、142、385。交読詩編91編1〜13節。


posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| お知らせ

2018年02月14日

相模原教会Q&A

※質問(Q)をクリックまたはタップすると回答が表示されます。

<相模原教会について>
<礼拝について>
<配慮が必要な方向け>
<キリスト教について>
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 12:00| 相模原教会Q&A