2018年01月23日

説教 『主の僕たる者は』

2018年1月21日の礼拝
相模原教会協力牧師 西田恵一郎

テモテへの手紙二 2章20〜26節
さて、大きな家には金や銀の器だけではなく、木や土の器もあります。一方は貴いことに、他方は普通のことに用いられます。だから、今述べた諸悪から自分を清める人は、貴いことに用いられる器になり、聖なるもの、主人に役立つもの、あらゆる善い業のために備えられたものとなるのです。若いころの情欲から遠ざかり、清い心で主を呼び求める人々と共に、正義と信仰と愛と平和を追い求めなさい。愚かで無知な議論を避けなさい。あなたも知っているとおり、そのような議論は争いのもとになります。主の僕たる者は争わず、すべての人に柔和に接し、教えることができ、よく忍び、反抗する者を優しく教え導かねばなりません。神は彼らを悔い改めさせ、真理を認識させてくださるかもしれないのです。こうして彼らは、悪魔に生け捕りにされてその意のままになっていても、いつか目覚めてその罠から逃れるようになるでしょう。


 この短い一章の中に十項目ほどの命令をパウロは「愛する子」テモテに下しています。「強くなりなさい」(一節)、「ゆだねなさい」(二節)…「愚かで無知な議論を避けなさい」(二三節)など。指導者の端くれとして、「わたしはどれほど実行できているか…」、襟を正される思いです。後輩や弟子に勧めをする師には自分のことを棚に上げて言うだけ(言葉だけ)になったり、相手のためというより、自画自賛になったりする誘惑があります。師であるパウロは自分について多くを語っていません。自分は苦しみを受け、それに耐えたとだけ記しています。

 兵士・競技者・農夫の喩で三者に共通しているのは「苦しむこと・苦労すること」です。指導者にとっても苦しみは避けて通れない道なのです。他の手紙で自身の苦しみを詳しく語るパウロですが、気心知れたテモテにはその必要がなかったのでしょう。語るべきは自分のことではなくキリストのことだったのです。「キリストにおける恵みによって強くなる」(一節)、「キリストのことを思い起こす」(八節)、キリストとの一致、キリストの真実(一一〜一三節)。この姿勢を持つのが「主の僕」(二四節)なのです。主の僕は旧約聖書的な表現で、「主」はイザヤ書四三章の主(創造・贖い・共にいる・聖・救い・愛なるお方)、「僕」はイザヤ書五三章の「苦難の僕」(キリスト)を反映しています。主の僕である私たちは苦難の僕であったイエスのような生活をするかもしれない。

 しかし、その僕の主は創造・贖い・共にいる・聖・救い・愛なる方であられる。この主がおられるから、僕の苦難に意味が生まれ、苦難の実が実るのです。故に主の僕は「争わず、柔和に接し、教え、忍び、優しく教え導く」(二五節)ように努めるべきです。これは「聞く者」のためであり、教える者の満足のためではありません。キリストの内(in)に、キリストと共 (with) に、助け手(師)の導きを得て、やっとキリストのため(for)の働きができるようになるのです。指導者こそ、まずキリストにおける恵みによって強くならなければなりません。

posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 07:28| 主日説教要約

2018年01月21日

2018年1月21日の礼拝

〇礼拝説教「主の僕たる者は」、テモテへの手紙二 2章20〜26節。西田恵一郎牧師(和泉短期大学チャプレン)。讃美歌6、287、388。交読詩編100編1〜5節。

・午前10時30分から礼拝堂で行われます。
・礼拝では聖書が読まれ、その箇所で説教がなされます。
・またパイプオルガンの奏楽によって一緒に讃美歌を歌い、感謝と願いを込めて祈りがささげられます。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 00:00| お知らせ

2018年01月14日

説教 『わたしの心に適った者』

2018年1月14日の礼拝
相模原教会牧師 辻川篤
マタイによる福音書12章15〜21節
イエスはそれを知って、そこを立ち去られた。大勢の群衆が従った。イエスは皆の病気をいやして、御自分のことを言いふらさないようにと戒められた。それは、預言者イザヤを通して言われていたことが実現するためであった。
「見よ、わたしの選んだ僕。
 わたしの心に適った愛する者。
 この僕にわたしの霊を授ける。
 彼は異邦人に正義を知らせる。
 彼は争わず、叫ばず、
 その声を聞く者は大通りにはいない。
 正義を勝利に導くまで、
 彼は傷ついた葦を折らず、
 くすぶる灯心を消さない。
 異邦人は彼の名に望みをかける。」


 イエス様は見事ファリサイ派を論破して、病に悩む男を癒してあげます。それで彼らはイエスを殺そうと策略を始めたのです。15節の「イエスはそれを知って」というのは、その殺害計画のことです。もし私がこの場にいたら、きっと「難しい安息日論争を論破されたイエス様なのですから、殺害の陰謀を問い詰めることぐらい簡単ではないですか、今こそこの輩をやっつけてください」と言っていたはずです。それなのにでした。イエス様がなさったのは不可解な行動だったのです。15節「イエスは、そこを立ち去られた」と。なぜ立ち向かわないんだという不満で、モヤモヤして来る私…。

 イエス様は、ファリサイ派に立ち向かえたはずの場所を、退かれはしました。しかし、そのイエス様について来た群衆の「皆の病を」癒されます。病の辛さって、本人にとっては病状の重さ軽さに関係ないですよね。イエス様が「皆の病を」癒されたというのは、十把一絡げではなくて、一人ずつ受け止めて下さったということです。そう思ったら、ふと、イエス様のお心は直前の安息日論争をしておられた時から、何も変わっていないじゃないかと思ったのです。安息日論争も、論争をするために論争されたんじゃない。たった一人の手の萎えた男の辛さを、ご自分のこととして受け取られたから、安息日であろうとなかろうと、一切が後回しになって、一人の人の辛さに寄り添われたのではないですか。ファリサイ派の目から見たら、それが「安息日論争」となったと言うだけで、イエス様がなさったことは、「あなたのために、思いを尽くす」ということだったのではないですか。そういう姿は、ちっとも変っていない。アッと思いました。イエス様がいつも闘っておられたのは、ご自分のためではなくて、人のためだったと気付かされたからです。

 たとえご自分の命が奪われる策略を目の前にしても、自分のための闘いはなさらない。イエス様が力を尽くされるのは、いつも「あなたのため」であった。それも、20節には「彼は傷ついた葦を折らず、くすぶる灯心を消さない」と記されています。傷ついた葦とは「役に立たない者」の譬えです。「くすぶる灯心」も、「無価値になってしまう者」の譬えです。そういう一人ひとりのために居られるのが、イエス様という存在なのだと告げられていたのです。それをマタイ福音書は、「この立ち去りのイエスが、わたしの心に適った者だと、父なる神が告げておられるのだ」と、記していたのです。

 神の心は、私どものことを私自身よりも大切に見詰めていて下さる思いです。私以上に、私を愛していて下さるのです。それが神様の願いであるからです。
posted by 相模原教会ウェブページ管理委員会 at 14:47| 主日説教要約